酢豚のひとりごと

楽しい芝居と映画探しつづけま~す!

『わたしは真悟』

2017-01-25 22:32:08 | 演劇



『わたしは真悟』
体調がいいので急きょチケットを買って、初台の新国立劇場でのミュージカル『わたしは真悟』を見に行った。

原作:楳図かずお・脚本:谷賢一・音楽:トクマルシューゴ・阿部海太郎
演出・振付:フィリップ・ドゥクフレ・演出協力:白井晃
出演:高畑充希・ 門脇 麦・ 小関裕太・ 大原櫻子・ 成河・奥村佳恵ほか

ロボットが人間の意識と名前を持ったことでおこる、悲しいけれどかわいいお話。
いろいろ意欲的な試みがあり、ドラマ・映画で活躍中の高畑充希・ 門脇 麦も出るのだが、話がシンプルなせいか盛り上がりには欠ける。
歌、ダンス、音楽、映像、照明、セリフなどあまりにバランスよく配分されていることも中途半端な印象を与えてしまうのかも。
切れのあるダンスやテープレコーダーを使う珍しい音楽、ブランコのラストシーンなど魅力的な部分もあるのだが・・・。

演出のフィリップ・ドゥクフレは、アルベールビル冬季五輪の開・閉会式の演出をした人だそう。
公演は明日が千秋楽。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『裸木』 | トップ | 『西脇順三郎と芭蕉』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL