酢豚のひとりごと

楽しい芝居と映画探しつづけま~す!

ミュージカル 『紳士のための愛と殺人の手引き』

2017-04-25 19:59:07 | 演劇



ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』  (於)日生劇場

出演:市村正親・ 柿澤勇人・シルビア・グラブ・宮澤エマ・春風ひとみ他

熱烈な柿澤勇人ファンに連れられて、日生劇場でミュージカルを見た。

貧しい生活の中で母にも死なれて落ち込むモンティ(柿澤勇人)のところに、母の古い友人であったミス・シングル(春風ひとみ)が訪ねてくる。彼女の話ではモンティは大富豪の血を引いていて8番目の爵位継承権があるとのこと。ただし優先権のあるものが死ななくては継承権はまわってこない。モンティは順番に殺していくことを決意し、うまくいくかにみえたが・・・。

殺され役8役を演じ分ける市村正親が好演。熱演するとくどくなりすぎるきらいがある市村であるが、今回は肩の力を抜いた演技がうまくはまっている。
柿澤勇人は余裕の舞台を見せ、シルビアグラフ、宮澤エマの女優陣も華やか。特に宮澤エマの歌声には惚れ惚れする。

軽い話しであるが、内容も演技も音楽もうまくまとまっていてミュージカルの楽しさを十分味わえる舞台になっている。
お勧めだが、東京公演は今月中。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『サトザクラ(八重桜)』 | トップ | 『藤の花』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL