おば散歩の楽々絵日記

おばちゃんと呼ばれるお年頃の私が
日常の中で好きな事、楽しかった事の覚書として
絵日記にして綴ります。

桜井翔君も大変だなあ

2016-07-02 | 映画 テレビ
先日「嵐」の桜井君のお父様が都知事を引き受けないと
ニュースで流れていました。

桜井君のお父様。というより、桜井俊氏の息子が人気アイドルだったと
書いても良いのでは?という位の功績を遺している方です。

その方の奥様も大学教授でインテリジェンスな一家です。

そんな情報を聞いて、数年前の通勤電車内の出来事を思い出しました。

つり革に捕まっていた私の後ろにいたのは女性会社員の2人。
1人は20前半~半ば。1人は先輩で30前後。



嵐が出ているポスターをみて

後輩A子ちゃん 大野君可愛いですよね~♪

先輩B子ちゃん A子ちゃんはホント大野君大好きだね(笑)

A子ちゃん B子さんは桜井君派ですよね

B子ちゃん う~ん、実は最近ファンやめたの。

A子ちゃん え?何でですか?

B子ちゃん 桜井君の両親って頭良くて、すごくしっかりした人達らしいの。
        そんな家族を持ったらキツそうじゃない。
        嫁に入ったらいじめをされそうじゃない。




えええええええええええええっ∑(゚∇゚|||)

あの場で心の中で叫んだのは絶対に私だけじゃないはず!!
思わずガラス越しに顔チェックしちゃいましたよ!

ファンになるのには結婚まで前提?
芸能人のファンでそこまで妄想するの?

私も趣味が同じ有名人や知識のある人と酒の席で話したいなあと
妄想をした事あるけれど、家族の陰まで気にした事なかったわあ。

しかもその家族は悪さをしたのでは無く、善良に頑張って生きているのに
そこまで言われてしまうって。

有名人の家族もなかなか大変だなあ。と思った次第です。

ちなみに後輩B子ちゃん
ああ、そういう事もあるかも知れませんね。
なかなか世渡り上手です(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山と食欲と私 という漫画紹介

2016-06-06 | 
山ガールという言葉が出来て何年になるのでしょうか。

初めて呼ばれた時には既に私は「ガール」では無かったので
「勘弁して下さい」と照れて断っていたのですが
この主人公は別の断り方をしています



単独登山女子?(笑)

聞いた事ないよ!使っている人も見た事ないよ!
私の知らない場所では流行っているのでしょうか。

読み進めると、まあこれが自分との共通点がアルアル。
どこかで私の行動みていましたか?って思う位です。



男女関係なく、単独の人あるあるなんだろうなあ。
誰もいないと思ってやる恥ずかしい事も
「何だ、みんなやっているのか」と、嬉し微笑ましい気持ちになります。


    これはホント困ったわ(^_^;

山の漫画は今多くあるようですが、自分の場合
青春とか恋愛とか入っていると「う~ん」となってしまいます。
この漫画は日常を淡々と綴っているのと
読者を限定しない絵面が入り込み安い要因だったかも知れません。

主役の登山レベルが自分と近いというのも
親近感が沸くのでしょうね。
登っている「とある山」も見覚えがあるし^^

山好き、山の上で食べる事も好きって人には
読んで欲しいなあと思う漫画でした。

「とある山」の山行中に、この漫画を紹介してくれた方に大感謝♪

山と食欲と私」 信濃川日出雄著
  ↑ ネットでも読めますよ♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山で食事をしながら思った事

2016-06-04 | 旅行
一ヶ月程前に高尾スタンプハイクで城山を押し忘れた為
結局もう一度フラフラと遊びに行ってきました。

好天なのに高尾~城山だけでは勿体ないので
軽く足を伸ばして景信山でランチ計画をたてました。

高尾山口を降りると相変わらずの人の多さに
少々眩暈を感じましたが、高尾山付近でだいたい
半分位に減り、城山でその半分以上が減るので
景信はちょっと穴場な場所です。


小仏の信楽焼きのタヌキは相変わらず可愛いなあ。


頂上は賑わってはいましたが、それでもゆったりしたムード。



茶屋から天ぷら待ちの人を呼ぶ声だけが
良いトーンで聞こえます。

今回私の食事をしている隣にもソロの女性がいました。

私と同じようにお弁当を持参して、缶のお酒もあります。
会話はしないですが、同じシチュが好きなのかと思うと
何だか嬉しいです。

が、途中からベクトルが変わりました。
その方はデザートにプリンを持参していたのです。



え、プリンって持ってこれるの?(@_@)
途中で崩れないの?

自分のテーブルを再度確認

チー鱈は美味しいよね♪

人生楽しんだ物勝ちと思っていますが
私の中のなけなしの少女が「これでいいの?」と訴えています。



そうだよね~。
山の上でプルプルスイ~ツを食べるのは有りだよねえ。
その発想が無かった事に我ながらビックリぽん。

今まで羊羹や外郎しかプルプルした物を持参していません。
しかもそれは行動食としてですorz

次はプリン持ってこよう!
ハウスプリン作ろうかしら。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今更だけど真田丸 前兆感想

2016-05-29 | 映画 テレビ
久しぶりに真田の一家が揃ったお話でした。

本田の娘、稲が輿入れをする事となり正妻の座を追われる現正妻おこう。
昌幸のいつものその場限りの虚言に長男は
どんな気持ちで聞いていたのでしょうか。

おこうも真田の家に生まれたからには真田家の為と言われたら
下がるしか無いのは誰もが知っています。

そこに追い討ちをかけるかのような松のセリフ。


言わずと良い事を口に出して人を傷をつけるのは
父、息子、娘に受け継がれるDNAか。ザ・親子だなあ。(;´Д`)

「生きてさえいれば良い事がある」
何年も記憶を失いながらも生きてきた松ならではの説得力ある言葉でした。


スパイとして嫁になる有名人の小松姫参上。
そして家来に化けてついてくる父忠勝。



真田丸では今までの本多忠勝のイメージが全く違う(笑)

昔もこんな父は存在していたのだろうか。
いや、昔の方が会えなくなる分いた気がしないでも無いですね。


YO-YO-(洋羊)夫婦誕生

三河から嫁いだ姫にとっては上田は辛かった(笑)

最初の言いたい事をためた挙句に「寒い」とは。
全国の緊張して観ていた茶の間がホッとした瞬間でした。

そしてその為に呼び出した侍女がまさかの元正妻。



もう「水曜どうでしょう」にしか見えなかったよ(^∇^)
三谷さんファンだったの?

おこうの嬉しそうな顔ったら、某モニタリングで
夫を担いで成功した時の妻の表情そのもの(≧▽≦)

侍女という設定には驚いたけれど、史実では
今後おこうは子供を産むし、ちょっと安心して観ていられます。



そして昌幸の言い逃れを真田の女達は見破っていました。


聚楽第においても寧様のおかげで何とか落着をしたし、
20話は女性が主役の回でした。

そして三成も良い味をだしていたし、この大河は三成押しのようです。
滋賀の人達、良かったですね(^^)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

IPAって美味しいですね

2016-05-22 | グルメ
ここ最近ですがIPA(インディア・ペールエール)にハマりました。
今まで呑んだ事が無いわけでは有りませんが
その時の自分の味覚の琴線に触れなかったのでしょう。

ハマったばかりなので、まだ数種類しか呑んでいません。
ウンチクでは無く覚書です^^;

グランキリン


コンビニで目についた物を買いました。
クセが無くて私のような初心者にとっつきやすい味なのだと思います。


インドの青鬼


インドの物と思って買ったら国産だったという。(表記読め!日本語だ)
上よりクセはあるけれど呑みやすいのは日本産だからでしょうか??


実は「これはアカン」というのも有りましたが、ここには載せません。
まだまだ手探り状態なので、調べても情報量の多さについていってません。

これからの季節、冷え冷えの黒ラベルを
呑まないのかと言われると、それは無いなあ。
でも冬でも美味しく飲めるビールを見つけて嬉しがっているこの頃です。

時間をかけていろいろ試してみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加