おば散歩の楽々絵日記

おばちゃんと呼ばれるお年頃の私が
日常の中で好きな事、楽しかった事の覚書として
絵日記にして綴ります。

2016年 観に行った映画覚書

2017-01-01 | 映画 テレビ
今年観た映画の感想を書きつらねておきました。
私の感想なので世間評価とは全然違うようです。


杉浦千畝 …大人がきちんと楽しめる話だった。
         でも上映時間は長いのに詰込み過ぎ感を感じた。
         この作品を同じスタッフで、5話位のNHKドラマで作ればいいのにと思いました。
信長協奏曲 …つきあい映画。ドラマも観ていないので原作1巻だけ読んでトライしても
          頭空っぽで楽しめました。イケメン協奏曲。
の・ようなもの・のようなもの …豪華な役者達が地味に演技をしています。ほんわりと
                   優しい気分になる話。とても贅沢な時間でした。
                   こういう映画がもっと増えればいいのに。
エヴェレスト …登山友達「リアリティ無い!」 非登山友達「山登る意味わかんない」
           結構面白いと思った私の感動を口に出せませんでした^^;
残穢 …怖くないリング。でもジワジワした感じは割と好きです。
暗殺教室 卒業編 …CGを上手く使った映画。子供向けなのだろうけど素直に面白く楽しめました。
殿 利息でござる! …コミカルだけど真面目な話。だけどコミカル。でも感動もあり。良い映画でした。
スノーホワイト …この手の話はマレフィセントで懲りたのに、また失敗してもうた><
64(ロクヨン) …三浦、佐藤、仲村 筒井(敬略)が共演するなら見ない訳がないでしょう(笑)
           その他の出演者達も好みの人達が多かったです。難しいのだろうけれど
           前後編ではなく、長編で1本にして欲しかった。面白かったのにそこだけが残念。
シン・ゴジラ …かつて4回も観た映画があったであろうか?(いいや無い!)私にとってはそんな映画。
           字幕が多くて海外では不評だそうですが、日本人が面白いゴジラを作ってくれた
           監督・スタッフに大感謝。
君の名は。 …テンポが良くて、物凄く綺麗な映像の作品でした。世間評価ほど記憶に残っていない
          のは、私が角川尾道三部作を夢中になった世代で新鮮さを感じなかったからでしょう。
少女 …湊かなえさんは登場人物の性格を掘り下げるのが上手い方なので、この映画は
      それが生かされていて良かったです。
Yesterday … ビートルズ好きの人にはたまらない映画でしょう。
          レコード1枚にワクワクしたあの感じは今の若い子に通じないだろうなあ。       
ハドソン川の奇跡 …好きな監督と好きな役者の映画。あのニュースの後にあんな話があったとは。
              どの業界も責任は技術者に押し付けられる。ハッピーエンドで良かった。
グッドモーニングショー …頭空っぽにして楽しめる内容。
                 情報番組の裏側がコミカルに演出されていて、ほわほわとジーンとくる
                 シーンが有り面白かったです。
ダゲレオタイプの女 …才能と拘りのある人に引き込まれるとこうなるか!という映画。
               ドキドキしないドキドキ感が有り、見応えありました。
バースデーカード …普通にいい話を普通に演じる役者がかえって新鮮でした。
              単純な人間なので所々で涙しました。
金メダル男 …ウッチャンがいつ出るのか待ち遠しかったw 面白くて何度も笑いはあったけれど
          器用貧乏な男がたまたまラッキーを繰り返す内容に、ちょっとイラつく時も。
          時代を知らせる演出に映画館で1人うけていました^^;
湯を沸かすほどの熱い愛 …これだけ良い話を入れまくったんだから、客は泣くだろ?
                 感動するだろ?名作と称えるだろ?そんな監督のあざとさを感じました。
                 あれを焼いた窯で営業続けるのか…。嫌なジョークで終わりました。
ブリジット・ジョーンズの日記3 …2を観ていないので楽しめるかと思いましたが杞憂でした。
                     何とも女性に都合のいい話と思いながらも笑えました。
                     40代以上の女性が主人公の楽しい映画をもっと増やして欲しい。
                     メイクをほとんどしないで役を演じるゼルウィガー、凄いなあ。
ミュージアム …やたらとグロい割に単純な話でヤンマガっぽいなあと思っていたら
           原作がヤンマガのコミックでした(;´ω`)
           松重さんと尾野さんの演技の上手さが際立っていました。
この世界の片隅に …感動とか面白いとかの感想とは違います。実写よりも
             その時の空気とか匂いとか温湿度が感じ取れるようなアニメでした。
             原作が好きだと声に不満が出るのは常ですが、主役脇役パーフェクトです。
             リンさんの事が端折られたのは時間の都合で仕方ないのかなあ。でも
             夕凪~のように凄く大事な台詞とシーンがカットされていなくて良かった。
聖の青春 …その世界の頂にいる人にしか感じる事が出来ない二人の関係が凄い。
         時間の関係で原作を端折る部分は多々ありましたが、最後の対局の時には
         松山東出両氏に、その時の村山羽生両棋士が憑依したと思う程の緊張感と
         迫力を感じました。出演者全員が実力派揃いで入り込めます。
世界の果てまでヒャッハー! …見る前にバカ映画とは聞いていたので頭空っぽには
                  していたけれど思っていた以上にバカでした。知能が低下していくのが
                  わかりながらも笑ってみていました。
                  この邦題つけた人、悪乗りし過ぎ(笑)
疾風ロンド …エヴェレストに続く阿部寛の雪山映画でギャグ満載。家族愛とか入れないで
          どうせならテルマエの様に笑いに徹すれば良かったかなあ。スキーをしなくなった私が
          ちょっとやりたい気分になる位にウィンタースポーツが上手く撮れていました。
マダム・フローレンス! …この世界の片隅にで、主人公が楠公飯を作っていた時代に
                アメリカではパーティやコンサートやお洒落が今と変わらず行われて
                いたのだから日本負けて当然だわ。一見音痴な有閑マダムのコメディですが、
                マダムの抱えている闇を考えると切なくもなりました。金持ちが金を使うのは
                良い事ですし、純真で何とも愛らしい方だなあと感じました。最後の歌声
                (多分ご自分はこういう声と信じていた)は美しかったです。
海賊とよばれた男 …小説が面白かったので、映画が酷いと嫌だなあと懸念を抱いて
             いましたが、設定の違いは多少あれど十分に面白かったです。
             私にとっては恰好イイとはこういう事さが当てはまる人の話しでした。
             ラストの回想で数年共にした元妻が出るのは男の監督のロマンなの?
             三人も産み育て長年連れ添った奥さんの立場が無いなあw



改めて見直すと、ほとんどが邦画だというのに驚きました。
20代の頃は逆だったのに(笑)
今年前半は食指が動かない映画が多く、足を運ぶ事が少なかったけれど
夏あたりから好みの作品が次から次へと上映されました。
そのため観に行けなかった物もありレンタル化が待ち遠しいです。


ブリジッドジョーンズを観終わった時の一幕

隣にカップルがいたのですが、女性が凄く笑っていたのですよ。
私と笑いのツボが似ている方のようで、つられて大笑いを
してしまうほどです。

帰りの身支度をしている時に


      いやあ、映画館ってホントにいいですね(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤビツ→塔ノ岳→大倉 行ってみた 下り編

2016-12-29 | 旅行
12月3日(土)

過去に下りで膝を痛めた事のあるので、
ゆっくりと降ります。が
世間は走るように下っていきます。

あんまりみんな急ぐのでバスが気になり
つられて走ったりしていましたが
思わず確認しちゃいましたよ



大倉尾根は2回ほど登った事がありますが
夏に登った時は泣きました(心で)
バカ尾根とは良く言ったものです。

でも紅葉が残っているこの素敵下り道を急ぐ
必要は有りません。ゆったりと降ります。



割と順調に降りていたはずなのに
階段部で小さな丸太が転がっていたのに気がつかず
思い切り後ろに倒れてしまいました。



まあ、リュックがクッションになって、
さほど痛みはなかったのですが。

そこに目の前に太い腕が見えたと思ったら
中近東系(多分)の外人の方が起こしてくれました


フワって起こしてくれたよ。フワって。

ツレの方も心配そうに聞いてくれたので
大丈夫アピールをお礼と共にして去りました。

私は幼少時から比較的体が大きかったから
父親にさえ6歳位で抱っこは終了だったんです。
多分生涯で最後なんだろうな。
うん、いい思い出になった(←バカ 笑)

通りすがりの外国の人、有難うございます。

登山口入口20分位前になると、多くの下山者と
合流する事となり、影って来た道も心強く感じます。

途中で出会った女性と話しながらバス停に着き
無事に到着したと、一安心しながら帰宅をしました。

ちょっと長い距離だったけど、今年最後の
秋の山を満喫できた1日でした。
満足満足♪また違うルートで行こう。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤビツ→塔ノ岳→大倉 行ってみた 登り編

2016-12-10 | 旅行
12月3日(土) 晴れ

この秋いくつか山登りをしたものの、どの日も
天候がイマイチでルート変更したり、引き返したりで
不完全燃焼感が納まらない気分が続いていました。

高山はすでに積雪で無理だけど、少し位高い場所で
長い時間山の中を歩けるとなると、私が知る限りでは
丹沢しかない!という事で久しぶりに行ってみました。

ヤビツ峠から塔ノ岳は初めてだなあ。と思っていたら
いきなりやってしまいまいした。
登山口を間違えて、岳ノ台・菩提峠コースへ
遠回りして歩いていたのです。
結構ギリギリの計画なのに40分前後のロス><

まあ歩いてしまったから仕方ない。
気を取り直して進みます。

二の塔には山ガールと呼ぶに相応しい
方達が沢山いました。



可愛い会話だなあ。



三ノ塔~烏尾山で会ったお地蔵さんは、クリスマスカラーの
服を着ていました。

新大日には山ご飯を楽しむ山ガール達がいたりで、
ここを目的地として楽しむのもいいですね。

目指す塔ノ岳をみると、丁度山頂付近に
嫌な雲がかかっています。

景色悪いんじゃない?もう戻っちゃう?
雨予報は無いけど、あそこだけ雨なんて勘弁。

とは言え、現在は晴天なので進む事に。

日陰ではぬかるんでいたり、程よいクサリ場があったりで
数時間の間に登山道のいろいろな顔を見せてくれる
結構面白味のあるルートでした。

歩くうちに多くのトレランの方達とすれ違いました。
相変わらず忍者のような走りっぷりですね。

そして二匹のワンコ散歩を散歩する男性もいました。
ヤビツから塔ノ岳を往復しているそうです。

で、別れた後に思い出したのが、先程通った鎖場。
あそこをワンコが昇り降りしているの?



忍犬?忍びの者?本物と出会っちゃったのかしら(笑)
黒と薄茶の可愛い柴でした。

お腹も空いてきたし、もうどこかで食べちゃおうと
思った時に、塔ノ岳まであと700Mの標識が。

これは休まず行ってしまえ!と思うのがヒトですよね。
それが甘かった。
頂上の尊仏山荘かと思ったら手前の小屋だったりで
キツネに騙されたかと思う位に全然着きません(泣笑)

その後、山荘を見つけた時にはヤケクソで登っていました。

山頂到着14時也。途中休憩入れて5時間15分。

ゆっくりしたい所だけど、早めに腹に入れて
切り上げなくては陽が暮れてしまいます。

朝からパンとソイジョイを各1個しか食べていないので
既にお腹がペコペコです。

この日のご飯は、レトルト善ざいを温めた物(塩少々加)に
ご飯を入れただけの、餡子ご飯。文だと不味そうですが
崩れた牡丹餅っぽくて美味しいんですよ。でも
不味そう過ぎて写真を撮るのを忘れました(笑)

紅茶を入れて、朝から合計1.5リットル水分摂取。
冬なのに良く汗かきました。満足です。

思っていた通りに絶景とは言えない視界。
チラリと顔を見せた富士山に、山頂中が賑わいました。



下りの水分が無いので小屋で500円のペットボトルの
高級緑茶を購入して、14時30分に下山開始♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山女日記(湊かなえ著) 最近読んだ本

2016-10-31 | 
湊かなえさんは好きな作家さんで、
文庫本化した物は読んでいます。

この夏、山の日に合わせて新刊が出たので購入をしました。



この本はミステリーや少しドロドロした系が多い
作家には珍しく、登山をする一般の女性達が主役の短編集です。

山登りが好きな人には興味深いですよね。
参考になる部分があるかしら~♪と読みはじめました。

…ありません。参考になる部分なんて全くありませんでした(苦笑)
あえて言えばコンデンスミルクのチューブは行動食に
使えるな。ってところでしょうか。

この本の登場人物達は目的をもって登山をしているのです。
仕事や人間関係、過去の恋愛やその他もろもろ。
山ってこんなに悶々とした気分で登っている人が
多いのですか?(笑)

改めて自分が何を考えて登っているのか
思い出してみたところ、何も考えていない事に
気が付きました。

その場その場の景色や空気を楽しんだり
心の中で歌を熱唱していたり
己の体力と勝負しているだけ。

仕事やイヤな人間の事なんて頭が拒否しているようで
これっぽっちも思い出しませんよ。

そんな考え事しながら歩いていたら、私なら
蹴躓いてアブアブです(^^;)

しいて言えば到着後や下山後の酒を
どんなシチュエーションで呑めば一番
美味しく呑めるかを常に考えてはいます。




最近読んだ本では、この人の行動が近いですね。


※「山と食欲と私」より

私には応援団が出てくれないのは残念です(笑)

こう書いていると、この本は面白くなかったの?
と思われるでしょうが、結構面白かったです。

「槍ヶ岳」の話しはイライラしまくりです。
こんなツレ、冗談じゃないよw
主人公は優しいなあと思いながら読みました。
個人的には「火打石」のぎこちない、優しいカップルの
話が好きです。

海外編の「トンガリロ」は過去と現在の行き来に
最初は「??」でしたが、読み進めて流れに気が付きました。
これは映像化されたら面白い技法なので、
ドラマ化が多い作家さんだしなと、改めて感じさせられました。

と思っていたら、「みなさまのNHK」でドラマ化するようですね。
初めからその予定だったのかな??

豪華な出演者達だし楽しみです。
せっかくの原作を変な演出にしない様に願っています。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ゴジラ 4回目観賞

2016-09-18 | 映画 テレビ
少し前にシン・ゴジラが面白いとブログに書きましたが
先日4回目の観賞をしてきました。

知り合いに面白さを伝えたところ、
「宣伝しているんだから一緒に行ってよ」と言われ
つきあったのが2回目と3回目。
そろそろ上映期間も少なくなりそうだし、ラストは
1人で観に行きたいなと思い4回目です。

こんなにリピした映画初めてだわ(笑)

おかげで次のセリフも所々言えるし
より細かい部分も見る事が出来るようになりました。



まわりの反応を感じる余裕も出来て面白いです。

エンドロールの時に誰も退出しないという事は
みなさん満足映画だったのでしょう。

退場の時に後ろにいた青年二人は
物凄く面白かったらしく



30年生きていて一番面白かった映画

とさえ言っていました。
制作スタッフさん達に聞かせたかったよ。

私の知り合いだけでも数人リピートしているし、
自分が面白いと思った映画が
ヒットすると嬉しいですね。

CGのみに頼らず、脚本も演出も全体的に面白い
こういう映画がもっと増えればいいなあ。


大ヒット御礼名台詞ステッカーを貰いました。



かなり嬉しいです。
今年の手帖に貼って記念にしておこう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加