おば散歩の楽々絵日記

おばちゃんと呼ばれるお年頃の私が
日常の中で好きな事、楽しかった事の覚書として
絵日記にして綴ります。

今更だけど真田丸 前兆感想

2016-05-29 | 映画 テレビ
久しぶりに真田の一家が揃ったお話でした。

本田の娘、稲が輿入れをする事となり正妻の座を追われる現正妻おこう。
昌幸のいつものその場限りの虚言に長男は
どんな気持ちで聞いていたのでしょうか。

おこうも真田の家に生まれたからには真田家の為と言われたら
下がるしか無いのは誰もが知っています。

そこに追い討ちをかけるかのような松のセリフ。


言わずと良い事を口に出して人を傷をつけるのは
父、息子、娘に受け継がれるDNAか。ザ・親子だなあ。(;´Д`)

「生きてさえいれば良い事がある」
何年も記憶を失いながらも生きてきた松ならではの説得力ある言葉でした。


スパイとして嫁になる有名人の小松姫参上。
そして家来に化けてついてくる父忠勝。



真田丸では今までの本多忠勝のイメージが全く違う(笑)

昔もこんな父は存在していたのだろうか。
いや、昔の方が会えなくなる分いた気がしないでも無いですね。


YO-YO-(洋羊)夫婦誕生

三河から嫁いだ姫にとっては上田は辛かった(笑)

最初の言いたい事をためた挙句に「寒い」とは。
全国の緊張して観ていた茶の間がホッとした瞬間でした。

そしてその為に呼び出した侍女がまさかの元正妻。



もう「水曜どうでしょう」にしか見えなかったよ(^∇^)
三谷さんファンだったの?

おこうの嬉しそうな顔ったら、某モニタリングで
夫を担いで成功した時の妻の表情そのもの(≧▽≦)

侍女という設定には驚いたけれど、史実では
今後おこうは子供を産むし、ちょっと安心して観ていられます。



そして昌幸の言い逃れを真田の女達は見破っていました。


聚楽第においても寧様のおかげで何とか落着をしたし、
20話は女性が主役の回でした。

そして三成も良い味をだしていたし、この大河は三成押しのようです。
滋賀の人達、良かったですね(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPAって美味しいですね

2016-05-22 | グルメ
ここ最近ですがIPA(インディア・ペールエール)にハマりました。
今まで呑んだ事が無いわけでは有りませんが
その時の自分の味覚の琴線に触れなかったのでしょう。

ハマったばかりなので、まだ数種類しか呑んでいません。
ウンチクでは無く覚書です^^;

グランキリン


コンビニで目についた物を買いました。
クセが無くて私のような初心者にとっつきやすい味なのだと思います。


インドの青鬼


インドの物と思って買ったら国産だったという。(表記読め!日本語だ)
上よりクセはあるけれど呑みやすいのは日本産だからでしょうか??


実は「これはアカン」というのも有りましたが、ここには載せません。
まだまだ手探り状態なので、調べても情報量の多さについていってません。

これからの季節、冷え冷えの黒ラベルを
呑まないのかと言われると、それは無いなあ。
でも冬でも美味しく飲めるビールを見つけて嬉しがっているこの頃です。

時間をかけていろいろ試してみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更だけど真田丸 再開感想

2016-05-08 | 映画 テレビ
若造信繁だけが勢いこんで空回りしていた前半。
史実はある程度知られている現状なので
安心はしていますが、やはりドキドキしてしまいます。

真田丸の面白いところの1つに家庭内イザコザが
侍言葉なしに語られているところ。
御ババ様の身の上を心配する3家臣の言い合いが
良い感じですね。
この演出上手いなあ(← なに様?)


旭姫を何故清水ミチ子?と思ったけれど
そうそう、責任者が三谷さんだよと気が付きました。
もうお気に入りを次から次へと出演させていますね(笑)



旭姫は美人で売っていないタレントが演じると
物凄く自然に感じます(褒め言葉)


小日向さんの秀吉が怖いのよ。
笑い顔なのに目だけがギラギラ、でも口が上手い!



騙されていると知っていても乗らずにはいられない
秀吉劇場に引きずりこんでしまう。恐ろしや。


そしてやっと出てきた姉上、松!
記憶を無くして信繁もきりも思い出せませんが
夫の茂誠を見て思い出すとか…?(←ナイナイ)
でもそうだったら真田家に入るきっかけにもなるし
漫画チックで私的には楽しいです。


・追記 ↑全然違いました(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高尾山スタンプラハイク パーフェクト?

2016-04-29 | 旅行
4月23日

毎年春秋恒例の高尾山スタンプラリーに挑戦してきました。
景信〜陣馬は2週間前に知り合いと遊びに行った時に
済ませて来たので、今回は高尾〜城山というショートコースです。

ぶっちゃけて言うと、高尾のあの通り〜山頂って人が
多いのと山って感じじゃなくて好みじゃないのです。

琵琶滝コースを経て1号路を歩いていると、こんな集団と出会ったりしました。



タコ杉の像を撫でていましたよ。可愛いね〜〜(≧▽≦)

改めて思いましたが外国の方が多いです。
ゴミをポイ捨てしている方に「落としましたよ」と渡したら
素直に受け取ってくれました。
今から思うとドキドキですが、山好きの条件反射ですよね。


お久しぶりの紅葉台の茶屋 賑わっていました。

城山の草場でランチをとりました。

ラーメン + シャウエッセン + チーズ 
今日は後は帰るだけなのでビールを購入

後ろを見たらヒトの数がエライこっちゃになってきたので
1時間程で切り上げ。


東海自然歩道の入口には花が咲き誇っていました。


初めて歩いた道ですが、かなり楽しいぞ♪


今回のスタンプラリーのラスト、富士見茶屋

この茶屋さえ入ってなければ1日でクリア出来るのになあ( ´艸`)


相模原駅までの道にあったチビ滝。

地図を見ながらでもわかりにくかったなあ。
ウロウロ、キョロキョロしながらで50分近くかかりました。
アスファルトの道も長かったので真夏には薦めません。



茶屋で購入した酒まんじゅう。
その日に作った物しか売らないそうです。
出来れば餡子増量希望(笑) だって餡子好きなんです。

パーフェクトコース ミッションコンプリートo(^-^)o



どの景品を選ぶかなと思いきや、良く見ると「城山」抜けている\(゜□゜)/

折り曲げた際に他のが写ってしまって、押したと勘違いしていましたorz
1時間もいたのに…ビールに目がいってしまったのも///

当たるかわからないラリーの為に、もう一度行くべきか。
これからの季節は他の山に足を延ばしたい気もするし…。
でも高尾は何度行っても楽しいのですよねえ。

今ちょっと悩んでいます(^^;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今更だけど真田丸 秀吉

2016-04-24 | 映画 テレビ
今度の感想を述べるの対して先に書いておくべき事ですが
私は数ある有名戦国武将で「豊臣秀吉」が大嫌いという事。

ドラマで秀吉が主役でも、誰が演じても嫌いな物は嫌い。
東軍眼鏡を外してみてもダメな物はダメ。

そんな私でも秀吉が行った事でも素晴らしいと思った
太閤検地の升の基準化。



福島正則の酒の飲み方が豪快過ぎる件。
このシーンで誰もがソレの前ふりと思ったでしょう(笑)


今回も次男をアテにして頼らぬ父に
落ち込まされた長男、源三郎。

そんなところに能天気な堀田作兵衛と姪っ子の姿が。


             精一杯の笑顔が辛いです。


相変わらず源次郎を頼る昌幸に母薫は
「息子は一人だけではありませんよ」との一言。
前回の母とのお笑いシーンが生かされていました♪

「乱世が落ち着いた時こそ源三郎の出番じゃ。
 国を立て直す時こそあの生真面目さが役にたつ」

お父さん、それ本人に言ってやって。
すぐ言ってやって。



今回初登場の豊臣秀次は、きりを見初めたようです。



  こんな可愛い秀次、見た事ない!!(私調べ)

この人がアレに切腹に追いやられるのが悲しいなあ。


この回で苦虫を噛みっぱなしだった源三郎と景勝(+兼続)が
不幸な死に方では無かったのですよね、
皮肉な事です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加