亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

債権者異議申述公告

2014-01-16 16:15:04 | 商業登記

会社の登記の依頼を受けるとき,よく,登記の完了日を聞かれます。今から依頼していつ登記事項証明書がとれますか?という質問です。

もちろん申請先の法務局の混み具合にもよりますが,それより,気をつけなくてはならないのが,事前手続きです。特に注意しなければならないのは,官報の掲載を伴う登記で,例えば,債権者の異議を催促する「債権者異議申述の公告」をしなければならないケースです。この公告は,1ヶ月以上の期間を定めて行わなければなりません。

仮に4月1日に官報に掲載されたとしたら,期間の計算は,掲載日の翌日から起算されますから4月2日から丸1ヶ月を経過した5月2日以降にならないと,公告期間満了となりません。つまり,登記の申請は,早くても5月2日以降になります。

加えて,官報に掲載されるためには,通常12日程度前に申し込みをする必要があります。ですから,4月1日に掲載されるためには,遅くとも3月中旬に申し込む必要があります。

合併,組織変更,資本減少等の登記の場合,準備に着手してから登記の完了まで2ヶ月近く掛かりますので,完了後の登記事項証明書の提出を要件とする事業等の場合,この期間を見据えて早めに準備する必要があります。

よろしければ,クリックお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者の意思確認(2) | トップ | 自身の任意後見人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。