亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

登記識別情報通知のシールが剥がれない

2014-08-28 13:09:53 | 不動産登記

過日の不動産決済のこと。事務所に戻り,所有権移転登記の申請を行うため登記識別情報通知(以前の権利証の代わりに物件毎・所有者毎に発行される12桁のパスワードのようなもの)のシールを剥がそうとしたところ,剥がれません。

銀行から帰って来たのが3時を過ぎていましたので,当日中に申請するためには時間的余裕はありません。こういう場合,焦ってとんでもないことをしてしまうものです。

とんでもないこととは,識別情報通知の裏側から,ハーガスといって切手等を剥がす薬品を塗り,シールを剥がそうとしたのです。

ところが,印字は,識別情報の紙面に直接記載されているのではなく,識別情報をシールで覆わった紙片そのものが通知書に貼られていたのでした。

なので,紙片自体を識別情報通知の用紙から剥がしただけで,パスワードを覆うシールは小さくなったこの紙片から剥がすことになり,余計に難しくしてしまいました。

同職に聞いたところ,アイロンやドライヤーで紙片を暖めると接着剤が緩み剥がれるとのこと。とりあえず,同日は識別情報無しで申請し,休日にドライヤーを事務所に持ち込み,ようやくシールを剥がすことができました。

何でも平成21年10月までの頃発行の識別情報は,剥がれにくく再発行に応じたようです。
これからは,決済の席上で,周りに見えないようにシールを剥がしてみることにします。

決済の場から帰って来てから,シールが剥がれないことが発覚したら大変ですから。

よろしければ,クリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職務上請求書 | トップ | 遺産分割協議は一人ではできない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産登記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。