亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

被後見人の死亡(3)

2017-03-06 16:45:28 | 成年後見

預託物の受領者について全員の同意が得られない場合,後見人はどのように対処すべきでしょう?

私は,同意を得られない相続人に対し,後見制度の趣旨や今後の手続きに加え,後見が終了したため預託物を相続人に速やかに返還する必要がある旨を記載した文書を郵送したり,場合により面談をして説明をします。

これによっても,同意が得られない場合,もはや争いが顕在化したものとして,遺産分割調停の申立及び審判前の保全処分としての遺産管理人の選任を求め,選任された管理人に返還するようにします。

例えは適切でないかもしれませんが,相続争いは火事のようなもので,火の小さいうちに火消しを試みる必要があり,その役割を担う人を誰にするかは重要な問題です。

法令上の根拠を示して説明し,これにより相続人全員信頼を得られるなら,事情をよく知る元後見人は,適任者の一人であるかもしれません。

よろしければ,クリックお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被後見人の死亡(2) | トップ | 後見人の仕事の特徴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

成年後見」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。