亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

自己破産後の役員就任

2017-04-14 08:48:55 | 債務整理

以前自己破産申立書類を作成し,破産及び免責決定を受けた方から相談がありました。

勤務していた会社が廃業するため,その事業及び従業員を引継ぎ,自身で新たな会社を起こす予定とのことです。

そこで,売掛金が入金されるまでの運転資金を工面するため,借入が可能かということです。

相談者は,免責決定から5年近く経ちます。信用情報機関のサイトでは,契約期間中および契約終了後5年以内の情報を開示するとありました。

自己破産による免責決定が契約終了と解釈されるなら,免責決定後5年経てば,その事実は現れません。

しかし,果たしてそう解釈して良いものか自信がありません。そこで,金融機関に融資の申込をしてみなければ,何とも言えないと答えました。

答えになっていませんね。

よろしければ,クリックお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺言の必要性 | トップ | 弁護士からの手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。