亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

高齢者の意思の実現

2017-08-09 16:09:02 | 遺言・相続

最近,当職が執行者となる公正証書遺言と後見・保佐申立案件の依頼が立て続きにありました。

公正証書遺言は,財産を承継(もらう)人ではなく,渡す人にその費用が掛かるため,なかなか遺言に踏み切れないケースもあると思います。

今回,親族あるいは特に親しい人からの勧誘により遺言に至ったものです。

遺言者が自ら率先して遺言を残すというより,高齢でありもはや頼る家族も少ないため,何れ認知症になったとき,家族に代わり面倒をみてもらったり,祭祀の主宰者となってもらうことを目的とするようなケースです。

また,後見・保佐の申立については,財産管理もさることながら,相続手続が未了な状態にあって,不動産の相続登記を含む手続を進めることを目的として申立をするケースです。

何れも,親族関係が希薄になり,いわば遠くの親戚より近くの友人といった状態を端的に現している現象と言えます。

よろしければ,クリックお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 控訴審弁論期日 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。