亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

出張公正証書遺言

2017-06-02 17:27:39 | 遺言・相続

公正証書遺言の文案及び証人を依頼されました。趣旨をまとめ,必要にして十分な表現をするように心がけました。

また,受遺者が先に亡くなったときに備え,補充文言も入れました。

公正証書の作成費用は受遺者毎に計算するので,受遺者が複数になると費用が嵩みます。

今回,遺言者が歩行できないため,入所施設の遺言者の部屋に出張してもらうことにしました。

遺言者は耳が遠いので,公証人もやさしく大きな声で必要事項の確認をされていました。

遺言手続が終わった後,「これで思い残すことはない。すぐ死んでも良いなぁ。」といっていたものが,家族の声援を受けて「あと5年は生きようと思う。」という言葉が出たとき,人の心情は他者の行為により,微妙に揺れ動くものなのだと思いました。

よろしければ,クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過払訴訟敗訴(4)

2017-05-17 16:38:57 | 遺言・相続

本訴の主要な争点は,一つの基本契約内において,複数の取引を認定できるかということです。一つの契約内において複数の取引の存在を認めるとすれば,その取引とは,貸付けから完済までを指すものでしょうか?

そうであれば,完済後貸付け空白期間がある場合,全て最高裁20.1.18判決の判断基準に則って判断すべきものなのでしょうか?

最高裁が,消滅時効の起算点を取引の終了時からとしたのは,新たな借入金債務が見込まれる限り,過払金を同債務に充当することとした過払金充当合意の存在によるからです。

新たな借入金債務の見込みの有無を判断するに当たっては,過払金返還請求時において確定した取引の結果である空白期間の長短によって判断するのではなく,主として完済した時の当事者の意思を解釈して,新たな借入金の発生可能性を推定すべきだと思います。

今回明らかなのは,貸金業者は,再度の借入を期待していたということです。これは,一般向けにアナウンスされています。そして,契約書の返還,カードの利用停止を行っていないことからも確かです。

約定利率により完済した借主は,貸金業者にとっては優良顧客です。ということは,一般的に借主から取引の終了を告げない限り,貸主が,このような顧客との取引を終了させる意思を持つことを推定できないということです。

であれば,これは,新たな借入金債務が見込まれる事案であり,完済時借主が過払金返還請求権を行使することは想定されていなかったと結論づけることができます。

 よろしければ,クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過払訴訟敗訴(3)

2017-05-12 17:56:06 | 遺言・相続

過払金返還請求を巡る解説書においては,契約の異同は,外形的なものでは無く実質的に判断すべきで,これは事実認定の部類に属するとしています。

確かに貸金業者主導による契約書の書き換えが多い場合を想定すれば,契約書が複数あっても,これは,単に約定利率を変更するためであったり(貸金業法改正による出資法規制利率の変更を契機とするものも多々ある),約款の変更により,借主が契約書の更新を余儀なくされているような場合は,契約の個数について実質的な判断をすべきことは言うまでもありません。

しかし,借主が完済しても基本契約書を返還せず,これがため,完済後相当期間後に次の貸付けを受ける際,審査のみで新たな契約書の徴求を行わないまま貸付けを実行した場合に,契約(取引)が別だと認定するべきなのでしょうか?

貸金業者は一般消費者ではなく事業者ですよ。契約に関する法的な知識は当然持ち合わせているはずです。借主が法律的な意味を知らず,言われるままに署名・押印するのとは全く事情が異なります。

契約書は,契約の成立を立証する書面であって,契約成立の要件ではありません。しかし,貸金業法規制法17条は,契約締結時にこれを交付する義務を負わせています。

よろしければ,クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁護士からの手紙

2017-04-21 17:58:07 | 遺言・相続

弁護士から手紙が来て,昨夜は心配で寝られなかったと相談がありました。手紙の差出人の弁護士は,相続財産管理人でした。

民法255条に,「共有者の一人が,その持分を放棄したとき,又は死亡して相続人がないときは,その持分は他の共有者に帰属する。」とあります。

今回の件は,相談者の兄弟が亡くなり彼は生涯独身で,法定相続人である兄弟全員が相続放棄をしたため相続人が無い状態になりました。

そこで,前記民法の規定によれば,他の共有者である相談者にその共有持分が移転することになります。その為の登記に協力して欲しいとの内容でした。

その不動産は,現在通路として使用している土地なので,持分移転の登記を受けることに異存無く,貴方にとっては良いことですよと説明しました。

弁護士からの手紙といっても,決して悪いことばかりではありませんね。

よろしければ,クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遺言の必要性

2017-04-10 15:46:40 | 遺言・相続

最近,相続する方のご子息からの相続登記の委任を受けることが多い気がします。

これは,80才を超える寿命により,法定相続人である被相続人の子も60才を超える方が多く,中には体調が万全ではない方がいて,その方に代わりインターネット等を駆使できる40代前後の被相続人からみて孫世代の方が,相続手続の相談や依頼をすることが少なくないからだと思われます。

さて,亡くなった方に子供がいない場合,特に戸籍の収集が大変です。なぜなら,亡くなった方のみならずその両親の死亡から出生まで遡った戸籍が必要になるからです。

つまり,子がいない場合兄弟が相続権を持ちますので,兄弟の存在を確認するには,その親の出生までの戸籍が必要になるからです。

今の時代,生涯子供を持たなかった方も少なくありません。自分の死後のことはなかなか考えられないものですが,ふと,財産の行方についてアドバイスを受けておくのも良いでしょう。

 よろしければ,クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加