うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今回は、クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演の「Inglorious Basterds  イングロリアス・バスターズ





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


1941年、フランスの田舎町ナンシー。ナチスのハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)が、ある農場主の家を訪れる。“ユダヤ・ハンター”の異名を持つ冷血漢ランダは、巧妙な話術で農場主を追い込み、床下にユダヤ人一家を匿っていることを白状させる。
ランダの部下たちは床下に向けて一斉に射撃を開始。だが、一家の少女・ショシャナ(メラニー・ロラン)だけは銃弾を逃れ、逃げ去った...。
ナチス総統ヒトラー(マルティン・ヴトケ)は“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれる連合軍極秘部隊の存在に苛立っていた。ユダヤ系アメリカ人を中心にしたこの組織を率いるのはアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)。
カリスマ的な指導力を持つ彼はナチスの皆殺しを指示、ドニー(イーライ・ロス)やヒューゴ(ティル・シュヴァイガー)といった血気さかんな部下たちと共にドイツ軍に恐れられていた。
1944年、パリ。ショシャナは映画館主として身分を隠しながら暮らしている。そこへ、250人もの連合軍兵士を殺したドイツ軍の若い兵士フレデリック(ダニエル・ブリュール)が現れ、その武勇伝を本人主演で映画化した映画『国民の誇り』のプレミア上映を彼女の映画館で実施したいと申し出る。ヒトラーやナチス高官が集うその夜、劇場もろとも敵を燃やし尽くそうと決意を固めるショシャナ。一方、プレミア上映の報を受けたイギリス軍は、極秘作戦を実行すべくヒコックス中尉(ミヒャエル・ファスベンダー)を現地に派遣。この作戦には“イングロリアス・バスターズ”も動員され、現地近くの村でアルドらに合流、英国の二重スパイでドイツの人気女優ブリジット(ダイアン・クルーガー)にバーで接触する。
だが、そこはその日に限ってドイツ兵たちで賑わっており、ふとしたきっかけから銃撃戦に発展する……。プレミア上映の夜、続々とナチス高官が映画館にやってくる。そこにはイタリア人を装い、ブリジットを連れたアルドの姿もあった。ショシャナは恋人の映写技師マルセル(ジャッキー・イド)に最後の仕事を頼み、自らは復讐心を胸に秘めてこの夜の映写係を務める。様々な思惑が交錯する中、運命のプレミアが幕を開けた...(Movie Walkerより)


     
     頭の皮を剥ぐのは、ネイティブアメリカンの血。

     
     この人が、問題のナチス大佐。助演男優賞級の怪演。

     
     美しく育ったショシャナ。

     
     連合軍を殺しまくったナチスの英雄。

     
     バスターズの一員、思わぬところからボロが。

     
     彼もナチスを殺しまくっていたバスターズの一員。

     
     歴史の汚点、ヒットラー。

     
     この人の演技もよかった。


顔の大きさでハリウッド一を競い、奇抜でオタクな演出のクエンティン・タランティーノ監督。
一作一作の印象強いので、もっと沢山の作品を撮っているかと思ったら、全国規模で上映される作品は、「キル・ビル」以来のようだ。
主演は、「バーン・アフター・リーディング」の、体育会系おバカ男の役が、自分的には最近のヒットだったブラビ。
そして彼が率いるバスターズの隊長格のドニー・ドノウィッツを、変態スプラッター作品「ホステル」を監督し有名になったユダヤ系アメリカ人のイーライ・ロスが演じている。
ナチスに家族を皆殺しになったヒロイン役には、自身もユダヤ人で祖父が実際にナチスの迫害を受けたと語るフランスの女優メラニー・ロラン。
ブラビとは、「トロイ」で共演したことのあるダイアン・クルーガーが反ナチスで女優でありながら二重スパイのブリジット・フォン・ハマーシュマルク役を演じている。
どこかで、見たことがあると思いながら、なかなか思い出せなかったのは、自分の記憶力の低下はもちろんだが、彼女も少しの間にずいぶん歳をとったようだ。

そして、脇の中で一際異彩を放ったのが、ナチスのハンス・ランダ大佐役を憎らしく好演したクリストフ・ヴァルツ。彼は、オーストリアのベテラン俳優らしいが、ハリウッドでは無名。
この後、ハリウッドで引っ張りだこになるだろうと思ったら、すでに2010年公開の「 The Green Hornet 」に出演が決まっているようだ。
これって、あのブルース・リーの出世作になったテレビドラマじゃない!
他にも、どこにでも出てくるマイク・マイヤーズ等の癖のある脇役がたくさん。


     
     隠れていた軒下から裸足で逃げるショシャナ。

     
     見た目はひ弱なバスターズ。

     
     バレバレの敵陣侵入。

     
     ずう〜っとこういう引きつったアメリカ南部表情のブラビ。

     
     「ビンゴ〜」って、うれしそうな大佐。

     
     大きい顔のタランティーノ監督。


作品構成は、タランティーノ監督が得意なチャプター方式。
場面から場面に移るとき、本の目次よろしくチャプターが示される、「キル・ビル」で使われた、観客に展開がわかりやすい優しい方式。

冒頭のフランスの田舎町でのシーンは怖い。
ナチスのヘビのようにしつこい大佐から静かに追い詰められていく、農家の主人の冷や汗振りが伝わってくるようだ。
強烈にクリストフ・ヴァルツが脳裏に残る。
フランス農夫役のデニス・マノシェットという役者さんもよかった。
とにかくこの場面で、悪者ナチスを徹底的に観客に植えつける。

そして、アメリカの特殊部隊。ブラビは、南部(テネシー州)出身で祖先にアメリカの開拓歴史上有名なジム・ブリッジャーを祖先に持ち、インディアンの血も流れているという設定。
このキャラクターの訛りがすごい。
日本の吹き替えや字幕でどう表現されているかわからないが、南部特有の発音の間延びしたみゃーみゃーした強烈な訛りだ。
昔なら1960年代のテレビドラマ「じゃじゃ馬億万長者」ばりの訛りだ。
また彼の表情も南部の頑固者のそれで、どんな時でもしかめっ面。こういうので、笑いをとるのもタランティーノ監督の得意技だ。
それと、これ見よがしに彼の首についている絞められた痕については、結局作中何も語られていなかった。知りたい。
これで、ナチス対アメリカ南部の隊長が率いるユダヤ人特殊部隊の構図がハッキリする。

先ずは、ブラビの率いる特殊部隊が、ナチスの真っ只中にはいって行って、ナチス兵を片っ端から惨殺していく。得意なのは頭の皮を剥ぐこと。これは、見ていて痛い。
バットでの撲殺もいたそうだ。
そして、生かして返す捕虜にもちゃんとナチスのマークを付けてあげる。

物語は、フランスの映画館を切り盛りする、その昔ナチスのランダ大佐から裸足で逃げ延びたショシャナと、250人もの連合軍兵士を殺したドイツ軍の英雄フレデリックが出会い、とんとん拍子で彼の主演映画作品をショシャナの劇場で試写会を行うことで話が進んでいく。
そして、それがショシャナのナチスへの復讐の舞台、ブラビの特殊部隊のナチス壊滅作戦の舞台になる。

タランティーノ監督らしい、スプラッタシーンや壮絶な銃撃シーンがテンポよく展開される。
先に触れた、フランスの田舎のシーンのドキドキ感は、そのあと酒場でのドイツ兵対バスターズの銃撃戦でも再現される。
銃撃戦にいたるまでの、緊張感も凄い。陽気に飲んでインディアンポーカーのようなゲームで騒ぐドイツ兵とバスターズの兵士たちの緊張したやり取り、些細なしぐさからボロをだすバスターズ、そして現場に残った口紅のついたハンカチ、細かに計算された脚本が生きている。

そして、なんといっても見ものは、歴史を変えてしまう結末。
豪快に打ち上げ花火のようなクライマックスシーン。
それとは対象的な、ナチスに捕らえられたブラビとランダ大佐の愉快な対決振り。
ランダ大佐がブラビに話を切り出す時の、うれしそうな表情がいい。
そして、ランダ大佐が行き着くところも、勧善懲悪を貫くタランティーノ監督ならでは。

とにかく、スカッとする作品。
映画をトコトン愛するタランティーノ監督が、映画をナチズムを広げるための戦争の道具に使ったヒットラーとナチスに対する彼のメッセージが、ひしひしと伝わってくる作品だ。


     
     試写会では、この人が一番人気?

     
     一人遠近法が出来るタランティーノ監督。

     
     タランティーノ監督、ちょっとラフすぎない?


トリビア
英語のタイトルはスペルが間違っている。

当初は、ディカプリオがハンズ大佐役の候補だったが、タランティーノ監督がドイツ語を話せる役者を使うことに決めた。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 27 )


« 美卯との待ち合わせ 行方不明 »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (みやこ)
2009-11-28 21:53:15
みやこと申します。
よろしくお願いします。

タラ監督、俳優さん達と並んじゃうと尚更お顔が大きく見えますね!(笑)

一説によると、レイン中佐はタラちゃん自身がやるつもりだったとか? なんか、そう聞くとブラちゃんがずっと監督の顔真似しているように思えてきました。

>映画をナチズムを広げるための戦争の道具に使ったヒットラーとナチスに対する彼のメッセージが、ひしひしと伝わってくる作品だ。

私も、今作品は、タラ監督の反戦のメッセージを強く感じました。で、痛快だしとほんと楽しませてもらいました。
 
 
 
みやこさん、 (かめ)
2009-11-29 10:19:38
コメントありがとうございました。
映画をとことん愛して、見ているものを徹底的に惹きつける監督に脱帽です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『イングロリアス・バスターズ』 (Inglourious Basterds) (Mooovingな日々)
第二次世界大戦のナチス・ドイツ占領下最初の年のフランス。ショーザンナはナチスによって家族を殺される中から命からがら逃げ出した。それから4年後、彼女の復讐が始まろうとしていた。その頃、アルド・レイン中尉以下ユダヤ系アメリカ人の結成された特殊部隊が打倒ナチ...
 
 
 
映画「イングロリアス・バスターズ」@東京国際フォーラム ホールA (masalaの辛口映画館)
 当日はジャパン・プレミア試写会と言う事で映画上映前に、クエンティン・タランティーノ監督、出演者のブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ジュリー・ドリュフェスの舞台挨拶があって映画が上映された。タランティーノはサニー千葉(千葉真一)から貰ったと言う侍風の...
 
 
 
『イングロリアス・バスターズ』 (Inglourious Basterds) (Mooovingな日々)
第二次世界大戦のナチス・ドイツ占領下最初の年のフランス。ショーザンナはナチスによって家族を殺される中から命からがら逃げ出した。それから4年後、彼女の復讐が始まろうとしていた。その頃、アルド・レイン中尉以下ユダヤ系アメリカ人の結成された特殊部隊が打倒ナチ...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『名誉なき野郎ども<イングロリアス・バスターズ>が映画界の常識をブチ壊す!』  コチラの「イングロリアス・バスターズ」は、当代きっての個性派監督の鬼才クエンティン・タランティーノが、当代きっての人気俳優のブラッド・ピットを主演に迎え、監督のキャリア...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (Akira's VOICE)
プロパガンダ?  
 
 
 
イングロリアス・バスターズ プレミア/ INGLOURIOUS BASTERDS (2度目鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
前回のタラの「デス・プルーフ」プレミアの際には ありえないことにタラちゃんのお隣に座って、しゃくれあごが視界に入りながら観たmigですが そのタランティーノ最新作、 「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア行って来ました〜{/kirakira/} いよいよ日本で2...
 
 
 
『イングロリアス・バスターズ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日の映画は 日本でも人気が高いクエンティン・タランティーノ監督の新作 『イングロリアス・バスターズ』。 主演は、あのブラッド・ピット。 で、第二次世界大戦を背景にしているんだって。 じゃあ、これって戦争映画? 思わず聞きたくなるところだけど、そう一言...
 
 
 
「イングロリアス・バスターズ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハラハラドキドキさせられ、バキュバキューン!のシーン構成が冴えてます。4つ★
 
 
 
イングロリアス・バスターズ [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INGLOURIOUS BASTERDS公開:2009/11/20製作国:アメリカ R15+上映時間:152分鑑賞日:2009/11/21監督:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン悪名こそ、彼らの名...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (めでぃあみっくす)
まさに『パルプ・フィクション』の再来。そしてクエンティン・タランティーノ短編集5本立てといった感じの映画でした。 暴力描写よりもシンプルな会話劇にその真の面白さを持つQT作品らしさに加え、今作ではナチのランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの魅力が満開...
 
 
 
「イングロリアス・バスターズ」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.11.18 11月20日公開の「イングロリアス・バスターズ」。 監督・...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (みやこのThinking World!)
「もし、面白くなければ返金します!」 タラちゃん(migさんがこう呼んでたのが可
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (LOVE Cinemas 調布)
「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督最新作。主演はブラッド・ピット。共演に「ナショナル・トレジャー」シリーズのダイアン・クルガー、『PARIS(パリ)』のメラニー・ロラン、そしてこの作品でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したクリストフ・...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (悠雅的生活)
牛乳。スコッチ。消えない印。
 
 
 
映画:イングロリアス・バスターズ タランティーノ × 戦争映画 = こんなのかつて見たことない! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
一筋縄ではいかない映画ばかり創り続けている、クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino。 前作、デス・プルーフ in グラインドハウス Grindhouse では、場末の映画館の雰囲気を出すためにあえて「2本立て」+「実在しない映画の予告編4本」という通常考えつかな...
 
 
 
映画「イングロリアス・バスターズ」 (おそらく見聞録)
監督:クエンティン・タランティーノ(皆のタラちゃん) 出演:ブラッド・ピット(◎)メラニー・ロラン(素敵)クリストフ・ヴァルツ(断然素敵!) 出演:ダニエル・ブリュール イーライ・ロス ダイアン・クルーガー ジュリー・ドレフュス  ナチス兵を残虐...
 
 
 
ハリウッド映画 出演者 2007年 (映画にまつわるエトセトラ)
イングロリアス・バスターズ / Inglorious Basterds - うだるありぞな 顔の大きさでハリウッド一を競い、奇抜でオタクな演出のクエンティン・タランティーノ監督。 一作一作の印象強いので、もっと沢山の作品を撮っているかと思ったら、全国規模で上映される作品は、「キ...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (Memoirs_of_dai)
ブラピよりもランダ大佐 【Story】 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)...
 
 
 
「イングロリアス・バスターズ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                      「イングロリアス・バスターズ」 監督・脚本 クエンティン・タランティーノ 多少の中だるみはあったものの、ラストでそのうっぷんを思う存分晴らしてくれました!! ネタバレあります・・! あらすじ・・・。 1941年、数...
 
 
 
「イングロリアス・バスターズ」 料金返却してとは言いませんが・・・ (はらやんの映画徒然草)
本作を観てつまらないと感じ、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
イングロリアス・バスターズ’09:米 ◆原題:INGLOURIOUS BASTERDS◆監督: クエンティン・タランティーノ◆出演: ブラッド・ピット 、 メラニー・ロラン 、 クリストフ・ヴァルツ 、 ダニエル・ブリュール 、 イーライ・ロス 、 ダイアン・クルーガー 、 ジュリー・ド...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ お金返していらんてぃーの ってか払ってないてーの… (労組書記長社労士のブログ)
【 69 -13- 1ヶ月フリーパスポート=17 】 上映前から話題性たっぷりで、そのうえ上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却するという“面白さタランかったら、全額返金しバスターズ!”なんてワケわからんキャンペーンを張るからますます話題沸騰だった。(...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (そーれりぽーと)
面白くなかったら全額返金! 『イングロリアス・バスターズ』を観てきました。 ★★★★ タラちゃんの映画が評価高いのは、マニアックなタラちゃんの映画が好きな人だけが映画館に足を運ぶから高いのであって、「面白くなかったら全額返金!」なんて言って一般のお客さん...
 
 
 
「イングロリアス・バスターズ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「イングロリアス・バスターズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、ミヒャエル・ファスベンダー、イーライ・ロス、ダニエル・ブリ...
 
 
 
★「イングロリアス・バスターズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その2本目。 タランティーノ監督作史上最高のヒット作となってるらしい本作・・・ ブラピが主演のヒトラー退治ものだけど・・・ 映画製作系のストーリーなところが、タラちゃんらしいのか???
 
 
 
「イングロリアス・バスターズ」フィクションだよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[イングロリアス・バスターズ] ブログ村キーワード  クエンティン・タランティーノ久々の監督作品。「イングロリアス・バスターズ」(東宝東和)。今回は、ブラッド・ピットと初タッグ!ワルそうなブラピが、ナチス相手に大暴れしております。  ナチス占領下のフラ...
 
 
 
イングロリアス・バスターズ (映画的・絵画的・音楽的)
 「イングロリアス・バスターズ」を銀座のTOHO日劇で見ました。  この映画は、前作の「デス・プルーフ」が大変面白かったQ.タランテーノ監督の最新作であり、また「ベンジャミン・バトン」で好演したブラッド・ピットが主演しており、さらには雑誌で特集されたり...