うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 









オフィシャルサイト


火星から捕獲した謎の宇宙生命体と、6人の宇宙飛行士の死闘を描いた「エイリアン」ミニ、または「エイリアン」ライトといったスリラー。
役者陣は豪華で、「デッドプール」のライアン・レイノルズ、役達者で代表作がゴロゴロしているジェイク・ジレンホール、「ミッション:インポッシブル/ ローグネイション」のレベッカ・ファーガソン、そして日本から真田広之もかなり重要な役で参加。

彼らは人類史上初の地球外生命体を火星の探査機から捕獲する。
宇宙ステーションの密閉された研究室で、その生命体に細胞分裂活動させることに成功させる。
最初は、クリオネみたいに可愛いらしかったその生命体は、研究者の腕をへし折り、宇宙飛行士の口から体内に入り内臓を食い荒らし、その容貌もまさに凶悪に変貌していく。
体の容姿の変化と一緒に、知恵も加速度的に進化し、宇宙飛行士たちを翻弄する。

「エイリアン」同様、次々に宇宙飛行士たちがこの生命体の餌食になっていく。
「この人がこんなに早く?」という役者さんを惜しげもなく(?)、エイリアンの餌食にさせる監督。
但し、「エイリアン」と違うのは、宇宙飛行士たちの仲間を失う悲しみ、恐怖、自分達が生き残るための葛藤が、とても現実的に描かれている。
ストーリーが進む中で体も知恵も進化していくエイリアンと人間の知恵比べ。

ストーリーに負けず、宇宙空間での映像は圧巻。
最初から最後まで、とてもリアルな無重力シーンが続く。どうやってリアルな撮影したのかね。

そして、エンディングが、これまた凄い。
ちょっとトラウマになりそう。



67%



地球を旋回する宇宙ステーション


ジェイク・ジレンホール、今回はちょっと控えめかな


ライアン・レイノルズ、エイリアンを火炎放射で追い詰める




日本からは真田広之、地球に戻って赤ちゃんと対面出来るか?




レベッカ・ファーガソンは、チームのリーダー役


数分で、こんなに早く成長するクリオネ




船外に出たエイリアンを追う


最後は、二人の隊員が二機の宇宙カプセルで脱出する



ジェイク・ジレンホール、トゥナイトショー



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ゴースト・イ... ハクソーリッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。