うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今回は、19年ぶりに帰って来た「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


旧ソ連が台頭してきた1957年の冷戦時代。考古学者・インディ(ハリソン・フォード)は、ヒーリングのパワーや宇宙の神秘を紐解く力を持つという<クリスタル・スカル>を探し求めていた。
言い伝えによれば、アマゾンの伝説の都市から盗み出されたこのクリスタル・スカルを神殿に戻した者は神秘のパワーを手にすることができるというのだ。しかし、インディは伝説を信じるロシア軍の指揮官・スパルコ(ケイト・ブランシェット)の捕われの身に...(Cinemacafeより)

ここの所、「ロッキー」、「ランボー」と懐かしい大キャラクターが帰って来た中で、待ちに待ったインディ・ジョーンズ博士の登場だ。

監督はもちろんスティーヴン・スピルバーグ、エグゼクティブ・プロデューサーと脚本にジョージ・ルーカスの名前があり、主演ハリソン・フォードの最強チームが再結成された。
それに、スティーヴン・スピルバーグお気に入りの若手俳優で「トランス・フォーマー」で一気に人気の出た、シャイア・ラブーフがジョーンズ博士の相棒(ネタばれ反転 息子)として出演している。

ストーリーは、冒頭でいきなりクライマックスにも使えるようなアクションシーンが登場して、ファンに大サービスしている。
先ず、ジョーンズ博士の登場の仕方がカッコいい。
トレードマークの帽子を拾う人のシルエットがだんだんハッキリしてきて、「俺がインディ・ジョーンズだ」という颯爽の登場。
その時にはソ連軍に捕まっているのだが、捕虜としても威張っている。

前作までは、悪者はドイツだったが、今回からは冷戦後を繁栄させている。
実は、当初の脚本の候補の中にナチスの残党を悪役に設定したものがあったが、スピルバーグが採用しなかった。
スピルバーグがユダヤ系なのは、よく知られているが、ナチスの取り扱い関してはかなり複雑な事があるのだろう。
ちなみに、スピルバーグがお気に入りのシャイア・ラブーフも母親がユダヤ系だ。

閑話休題

そして冒頭の場面からすぐに、ジープ、トラックを使ってのカーアクションがはじまる。
この時、いくつか衰えた体力についての面白いセリフがあり、19年という月日を観客と上手く共有させている。

そこからは、旧作に負けない大掛かりなアクションがこれでもか、これでもかと出てくる。
もうこれは、説明の必要が無いので省略。
ただ、それぞれのアクションシーンが他の作品を連想させるので、それを考えながら観るのがお勧め。

この作品のタイトルにもなっているシャレコウベが、何か「エイリアン」に似ていると思っていたら、本当に宇宙人が出てきた。
最後は、「未知との遭遇」?

前作をリアルタイムで知らない若い人たちにはもちろん、長い事待っていたファンの期待を裏切らない作品になっていて、大満足。
もう1度シリーズを通して観てみるか。


トリビア
この企画は、2004年にジョージ・ルーカスがフランク・ダラボンの脚本を採用しなかったために一時棚上げになった。
その脚本には、インディ・ジョーンズの父親と兄弟がストーリーに絡んでいて、父親はもちろんショーン・コネリーで、兄弟役はケビン・コスナーが考えられていた。(このバージョンも観て見たい)

スピルバーグは、全作を通してコミックブック的なカメラワークに固執した。
今回のカメラマンは「シンドラーのリスト」以来、スピルバーグと仕事をしているが、彼にも徹底的に、このコミック手法を強要した。

スピルバーグはショーン・コネリーにも出演を依頼したが、引退している彼はオファーを辞退した。
ハリソン・フォードは、ジョークで彼自身が十分年寄りになっていて自分の父親の役でも出来るので、ショーン・コネリーがいなくても大丈夫とコメントした。

夕食のシーンでシャイア・ラブーフを殴る女性はスピルバーグの実の娘



撮影初日のスピルバーグとルーカス



ハリソン・フォードのインタビュー アクション撮影方法をオールドスクールウェイと表現している


コメント ( 7 ) | Trackback ( 56 )


« ニューヨーク そ... ニューヨーク そ... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2008-06-15 09:22:36
こんにちは♪
もう二度と会えないと思っていたインディに再び会えて嬉しかったと同時に、いろんな意味で19年という年月の長さをかみ締めました。

ナイアガラのお写真などを拝見させていただきました。
霧の乙女号とかレインコートの色とか懐かしかったです~♪
 
 
 
ケビン・コスナーか~ (にゃむばなな)
2008-06-15 13:08:44
ケビン・コスナーとハリソン・フォードの掛け合いとうのも映画ファンなら是非見てみたいものですよね。

でもその脚本が書かれた当時のケビン・コスナーなら果たしてそういう役は受けていたか、ちょっと不安でもありますけどね。
 
 
 
Unknown (くまんちゅう)
2008-06-15 14:57:01
TBどうもでした。相変わらずGooブログさんへはお返しできなくて申し訳無いです。
クリスタル・スカルの正体は賛否有りそうですが、いかにもスピルバーグ的で、そんなのも結構すきなのでした。
これでもかという仕掛けと冒険が健在で楽しませてもらえました。
 
 
 
ありがとう (かめ)
2008-06-17 11:03:35
ミチさん、
おかげさまで、NYの旅は楽しかったです。

にゃむばななさま、
ケビン・コスナーも最近は、一時期よりいろいろ活動しているので、もし次があったら、出て欲しいですね。

くまんちゅうさん、
そうですかGooとココログって相性悪いのですか。
また懲りずに来て下さい。
 
 
 
Unknown (ホーギー)
2008-06-21 21:12:24
はじめまして、ホーギーと言います。
1年以上前からこの日を楽しみにしてきましたが、ついに観てきました。
心配していたハリソンの年齢からくる表情や体型に老いは感じるものの、その圧倒的な存在感やまだまだやれるアクションシーンに安心しました。
そして、見事なストーリー展開と怒濤のアクションシーンは健在で期待とおりの内容に大満足の2時間でした。
これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。
本作はハリソンのほか、懐かしのマリオンの再出演、オスカー女優のケイト・ブランシェット、いま売り出し中の若手シャイア・ラブーフとキャスト陣も楽しませてくれました。
噂によると数年後に更なる続編との話もあるようですが、どうなることでしょうか?
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
 
 
 
こんばんは (ノラネコ)
2008-06-21 21:53:46
実はこの作品を観るのと前後して、旧シリーズを全部観直しました。
やはり「レイダース」の出来の良さは今見ても驚嘆物なのですが、過去の三本のエッセンスをとても大切に新作に生かしているのが実感できます。
若い観客がどう受け止めるのかはわかりませんが、オールドファンとしては、ちょっとしたタイムスリップ感覚を楽しめました。
 
 
 
堪能できましたね (かめ)
2008-06-27 12:08:28
ホーギーさん、
ハリソン・フォードは、まあ役柄もあったのですが、前回の「ファイアー・ウォール」の方が肉体的にも、動きも、もっと歳をとって見えましたので、今回はかなり絞り込んだのでしょう。
続編は観たくもあるし、このままで終わって欲しい気もするし、複雑ですね。

ノラネコさん、
やっぱり前作をあらかじめ観直した方がよかったですね。失敗しました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!』  コチラの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」は、スティーヴン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演で80年代に大ヒットを飛ばしたシリーズ...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Good job M)
公開日 2008/6/21監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/レイ・ウィンストン 他【あらすじ】1957年、米ソ冷戦の真っ只中。インディと相棒マックは都会から遠く離れた飛行場で、極悪なソ連の工作員の魔の...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (eclipse的な独り言)
 これを観るとは思いませんでした。近頃の心の状態から考えて、ノリが今一つなんです
 
 
 
映画 【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 19年ぶりとなる「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。 おはなし:1957年、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、若者マ...
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (そーれりぽーと)
映画界の巨匠がタッグを組み、巨額を投じて製作した考古学アドベンチャー映画と言えば『インディー・ジョーンズ』シリーズ。 今やVFXでなんでも出きる時代、セットだって背景だって、物理的に無理な事だってみんな映像に出きる時代に帰ってきた『インディ・ジョーンズ ク...
 
 
 
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行・字幕)」みた。 (たいむのひとりごと)
遂に待ちに待ったこの日が!今朝の地震ではいちおう震度4地域。少々ビビりながらの鑑賞。(被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。)”オーパーツ”のオーバーテクノロジーを無理やり理解しようとすると、やは
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年) (勝手に映画評)
『インディ・ジョーンズ』19年ぶりの復活。今年は、ランボーといい、インディ・ジョーンズといい、20年近い時を経てからの復活が多いですね。正式公開は来週からですが、先行公開の今日、見てきました。 舞台は、第二次世界大戦が終結して、東西冷戦が激化しつつあるころ...
 
 
 
[映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあと...
 
 
 
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何十年も映画を観ていると、段々と映画館でワクワクする感覚というものを味わう事が出来なくなってくる。 別に映画を嫌いになった訳ではない...
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (めでぃあみっくす)
19年ぶりに復活した暴れん坊考古学者の『インディ・ジョーンズ』シリーズ。目新しさは特にないものの、懐かしさと最近ヒットしている新参者のトレジャー・ハント映画『ナショナル・トレジャー』シリーズにはない、元祖としての独特の味と世界観。久しぶりに1990年代の映画...
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (ネタバレ映画館)
ドキドキね。
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ドキドキするなぁ~インディ・ジョーンズに会えるなんて―   *『レイダース/失われたアーク』1936年、旧約聖書に登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡りナチス・ドイツと対決―*『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1935年、インドで聖なる...
 
 
 
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 (Sweet*Days**)
監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス CAST:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシ...
 
 
 
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アドベンチャー&アクション  監督:スティーヴン・スピルバーグ  出演:ハリソン・フォード      シャイア・ラブーフ      カレン・アレン      ケイト・ブランシェット 【物語】 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパル...
 
 
 
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アドベンチャー&アクション  監督:スティーヴン・スピルバーグ  出演:ハリソン・フォード      シャイア・ラブーフ      カレン・アレン      ケイト・ブランシェット 【物語】 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパル...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (せるふぉん☆こだわりの日記)
インディ・ジョーンズ19年ぶりの新作「クリスタル・スカルの王国」が先行上映されて
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (青いblog)
インディーーーーーーーーーーーーーー(≧∇≦) キャーーーーーーーーーーーーーーーー☆☆☆☆☆ 面白かったあああああーーーーーーーーーー\(^▽^)/
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (映画鑑賞★日記・・・)
【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】2008/06/21公開(06/14先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ原案:ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カ...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Memoirs_of_dai)
これはまさかの踊るシリーズと同じような展開か!? 【Story】 1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード...
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (5125年映画の旅)
ソ連の諜報機関KGBに捕えられたインディは、米軍の秘密基地からある物を奪取するために協力させられる。からくも脱出したインディの前に現れた青年マットは、インディにKGBが狙う伝説の秘宝、クリスタル・スカルの探索を依頼する。親友が事件に絡んでいることを...
 
 
 
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 ジャパン・プレミア (アートの片隅で)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の ジャパン・プレミアに行って来ました。 会場の代々木体育館は、20年程前にEW&Fのコンサートに行って以来、久しぶりでした。 その時も今回と同じ2階席だったのですが、天井が低いので音が反響して最悪の音響だっ...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行上映) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
あの伝説のヒーローが帰ってくる!神聖なる力を守り、文明の発祥地を救い、悪の軍勢に勝利した。そして今、“インディ”の新たな冒険が始る!(ネタバレですので、まだ映画を見ていない方は、ご注意を) <感想>今では人気アトラクションにもなったインディ・ジョー...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (to Heart)
原案: ジョージ・ルーカス/ジェフ・ナサンソン 脚本: デヴィッド・コープ/スティーヴン・スピルバーグ 出演: ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロードベント ハリソン・フォ...
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ)    シャイア・ラブーフ(マット)    ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)    カレン・アレン(マリオン...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (ともやの映画大好きっ!)
公開を2週間後(先行までは1週間)に控え、断然気になっちゃう映画。 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL)。 1981年「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(原題:RAIDERS OF THE LO...
 
 
 
世界観は健在だけど・・・。『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (水曜日のシネマ日記)
考古学者インディ・ジョーンズのシリーズ第4弾です。
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (心のままに映画の風景)
1957年、アメリカのネバタ州。 ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、ソ連女諜報員イリーナ・スパルコ ス (ケイト・ブランシェット )率いる...
 
 
 
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何十年も映画を観ていると、段々と映画館でワクワクする感覚というものを味わう事が出来なくなってくる。 別に映画を嫌いになった訳ではない...
 
 
 
インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 を観ました。 (My Favorite Things)
19年ぶりの続編。ちょっとムリがあるんじゃないの?と思っていました。
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国観た! (ぱるぷんて海の家)
何が何でも絶対観るゾー!と意気込んでいた『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』先行上映初日初回で観てきました。 面白かった!お久しぶりのハリソンフォードわくわくしながら観ました。 ですぐにレビューを書くつもりだったけど・・・・でも何かが違...
 
 
 
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国観た! (ぱるぷんて海の家)
何が何でも絶対観るゾー!と意気込んでいた『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』先行上映初日初回で観てきました。 面白かった!お久しぶりのハリソンフォードわくわくしながら観ました。 ですぐにレビューを書くつもりだったけど・・・・でも何かが違...
 
 
 
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 ジャパン・プレミア (アートの片隅で)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の ジャパン・プレミアに行って来ました。 会場の代々木体育館は、20年程前にEW&Fのコンサートに行って以来、久しぶりでした。 その時も今回と同じ2階席だったのですが、天井が低いので音が反響して最悪の音響だっ...
 
 
 
映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (FREE TIME)
映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を先週末に先行上映で鑑賞しました♪
 
 
 
インディ・ジョーンズ先行公開行ってきました~ (みかんの部屋)
本日、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国の先行公開」行ってきましたぁ[:ウィンク:]  ※下記ネタバレ注意!見る予定のある人は、読まない方がいいかもです~ みかんこは、インディ・ジョーンズの大ファン[:子供:] 1の「レイダース失われたアーク」...
 
 
 
劇場鑑賞「インディ・ジョーンズクリスタル・スカルの王国」 (日々“是”精進!)
「インディ・ジョーンズクリスタル・スカルの王国」を鑑賞してきました考古学者のインディアナ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を旅する冒険アクションインディ・ジョーンズ」シリーズ最新作。19年ぶりのシリーズ復活!作品中でも19年の歳月が流れていて、前作「インデ...
 
 
 
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 世界で一番の「インディ」ファン (はらやんの映画徒然草)
待ちましたよ、20年も。 久しぶりにインディに会えました。 「インディ・ジョーン
 
 
 
《映画》 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (古谷千秋の食い倒れ日記)
109シネマズ木場で『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観てきた。先行上映なのだが映画館は混んではいなかった。
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『観る者に夢を与えてくれる』                             -それがこのシリーズの...
 
 
 
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
いよいよ来週から公開される、19年ぶりに帰ってきたインディアナ・ジョーンズ教授の大冒険物語の第4弾。ですが、一足お先に先行公開で観てきちゃいました。気合を入れて前もってチケットを購入しておいたのですが、劇場はガラガラ・・・。ま、そんなものかも知れませんね...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Akira's VOICE)
温故知新の大冒険!  
 
 
 
【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】 (えむしのブログ)
不死身でタフガイ、元気バリバリなおじいちゃん!   原題: Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull 監督: スティーブン・スピルバーグ 脚本: デビッド・コープ 製作総指揮: ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ 製作: フラン...
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (井猴之見)
 最初のうちは 「いまさらインディー・ジョーンズもなー……テレビで見ればいいか」  などと思っていたんですが、劇場予告でのあの帽子を拾うシーンと、そこに畳み掛けるあのテーマ曲を聴いて、考え直しました。  幼い頃、親に連れられて観に行った数々の心躍る映...
 
 
 
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
インディ・ジョーンズ・シリーズの第4作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を鑑賞。前作の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」が公開されたのは1989年の事だから、19年振りにジョーンズ博士が戻って来てくれた訳だ。 ************...
 
 
 
★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ~」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので...
 
 
 
インディ・ジョーンズ4-クリスタル・スカルの王国 (2008年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 日本の配給会社の無神経ぶりと馬鹿っぷりをさらけ出している映画。これについては後述する。 それはそうとして...。 「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」から19年後の1957年が舞台となっているおり、撮影も19年ぶりなのでつじつまが合...
 
 
 
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □...
 
 
 
生ハリソンに感激!【インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2008年6月5日。 インディ・ジョーンズが東京・代々木国立競技場に現れました!
 
 
 
【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、今って“西暦2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/fac...
 
 
 
【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
 
 
 
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (利用価値のない日々の雑学)
先行上映も含めると、略1ヶ月遅れであったが、やっとインディを鑑賞することが出来た。実は家族揃っての予定であったのだが、直前になって次女が「あんなお爺ちゃんが活躍するアクションなんて嫌だ」と言い出して(彼女は先週花男観たばかりだからね。私の宝物である過...
 
 
 
映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観て (KINTYRE’SDIARY)
61.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国■原題:IndianaJonesandtheKingdomOfCrystalSkull■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:7月7日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監....
 
 
 
映画『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull』劇場鑑賞 (続・蛇足帳~blogばん~)
 Steven Spielberg監督とGeorge Lucas監督の黄金コンビ+Harrison Ford主演で19年ぶりに復活したシリーズ最新作、『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(...
 
 
 
ハリソン・フォードの似顔絵。「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」、 ようやく鑑賞に漕ぎつけました。 ただ、19年ぶりの今作の製作が進んでる事を知って、公開を待ってた頃が、 一番楽しかったかもしれないです(笑) 僕が洋画を観るようになった、きっかけの映画と言っても過言でな...
 
 
 
メディコムトイ 「インディジョーンズ」 (勝手にしょうかい?!)
「メディコムトイ」から、インディジョーンズが発売されました。 顔は発売前のプロトタイプ画像より、量産品のほうが、ハリソンフォードに似ています。 装備品もよく出来ています。ただちょっと、?な部分があります。 ?ジャンバーのチャック(スライドする取っ手)が...
 
 
 
映画評:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (映画と写真のブログ)
1957年 ネバダ州 エリア51の軍事基地を、何者かが襲った。アメリカ軍に変装した、ソ連兵士たちだ。 ソ連兵士たちは、トランクの中に二人の男を隠していた。 インディ・ジョーンズ博士と、その相棒のジョージ・マクヘイルだった。 ソ連兵士の筆頭イリーナ・スパ...
 
 
 
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1957年、相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼にマットという若者が声をかけてきた・・・。感想『未知との遭遇』のスティーヴン・スピルバーグ『アメリカン・グラフィ...