うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 





今回は、ピクサーの心温まる作品「Up / カールじいさんの空飛ぶ家





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


ピクサーの10作目の作品。
毎回、美しいCGとハートフルなストーリーを楽しませてくれる、自分が大好きな製作会社だ。
「レミーのおいしいレストラン」だけ、見逃してしまったが、あとの作品はすべて観ている。

先ず、いつものように邦題への不満。
何で「カールじいさんの空飛ぶ家」なんて、子供向けだけのアニメ作品の題名にしてしまったのか?
原題の「Up」って、この作品のメッセージが込められた深い意味の題名なのに。
何でお菓子の宣伝みたいな題名にしてしまうのか。しかも、語呂もよくない。
子供向けの作品が邦画の大きなマーケットだというのは、少しは理解できるのだが、ここまで題名の質を落とさなくてもいいのでは。

物語のはじめで、カール少年が自分より少し大人びたエリーと出会い、結婚し、2人で伝説の滝へ行く夢をもち、子宝には恵まれないがつつましく幸せに時を重ね年をとり、病に倒れたエリーを失うまでがつづられる。
そして、エリーを失ったカールじいさんは、やることもなく、ただ思い出だけで生きている。
自分は、もうここでジーンときてしまっている。たぶん観ている大半の人がそうだろう。
大人のストーリーだよ、ここまでは。

そして、誰とも共有できないその思い出にしがみつくあまり、工事の人を傷つけてしまい、老人ホーム行きを余儀なくされる。
思い出の家を失いたくないカールじいさんは、エリーと行くはずだった伝説の滝にエリーの思い出が染み込む家と一緒に旅にでる。
ただし、予期していなかった小さな訪問者、小太りのラッセル少年もいっしょに。
この辺から、子供にも向けた冒険ストーリーになっていくが、逆にここからしばらく自分には少し退屈な時間になる。
そんな中で、ラッセル少年が、いい味出してる。
こういう、小太りで、正直で、要領の悪い子が必ずいる。いる気がする。

そして、また大人のストーリーに戻ってくるのは、ラッセル少年を助けるために、思い出の品を捨てるシーン。新しい冒険のために。
ここで、カールじいさんは、はじめてエリーの死を受け入れ、彼女との思い出を「物」ではなく、記憶として、彼女の意思として自分の中に取り込む。
エリーにとっては、カールとの生活そのものが冒険で、それを思う存分に楽しみ、悔いのない人生だったのだから。
ここも感動させるクライマックスのシーンだ。

この作品も今までのピクサー作品同様、個性的で魅力的なキャラクターと、美しいCG(しかも3D)、そして子供も大人も楽しめる冒険を入れながら、しっかりとしたメッセージ(「Up」というメッセージ)が込められた秀作になっている。
まだ、しばらくピクサー作品が楽しめそうだ。

カールじいさんの空飛ぶ家 3D - goo 映画
カールじいさんの空飛ぶ家 3D - goo 映画


トリビア
ラッセル少年はピクサーで、はじめて日系アメリカ人のキャラクターで、吹き替えは永井君という子供がやっている。

カールじいさんの風貌と無愛想な性格の元になったのは、俳優のスペンサートレイシーとウォルター・マッソー。

2009年6月、カリフォルニアでコルビー・カーチンという少女が白血病のために最後の時を迎えていた。彼女の最後の願いは「Up」を観たいというものだったが、とても上映の時期まで彼女の命がもつ可能性はなかった。
彼女の友人がピクサーに、そのことを伝えた。
ピクサーは、上映前の作品をDVDに落とし、社員を彼女の家に送った。
しかし、彼女は目を開けていることが出来なくてDVDを見れなかった、が、母親がそばにいて作品の全ての状況を説明しながら無事DVDを見終えた。
コルビーは、その7時間後に亡くなった。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 26 )


« マジック・マ... お帰りなさい »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (vic)
2009-12-28 19:18:45
邦題は、やりすぎでは?というのが多いですね。
原題は、たいてい単語だけで、余韻を持たせますが...
「ラスベガスをぶっつぶせ」とか「私の中のあなた」とか

でも、「ディパーテッド」とか「サロゲート」とか、そのままカタカナにしたのもあって、これはこれで、「日本人、分かるかな?」と心配になったりします。

でも「Up」くらいなら十分感じ取れると思いますが...
 
 
 
VICさん、 (かめ)
2009-12-31 00:47:24
こんにちは、
アメリカにいると感じるのですが、配給側がもう少し原題を尊重するか、内容にあった邦題に頭を使ってもいいのではと思います。
少なくてもその作品の質を下げるような邦題は勘弁して欲しいです。
 
 
 
ありがとうございます (クマネズミ)
2009-12-31 07:03:20
「かめ」さん、わざわざコメントしていただいただけでなく、町山智浩氏のポッドキャストのことまで教えていただき、本当にありがとうございます。
驚いたのは、町山氏が、ラッセル少年は日系人だとハッキリ語っていることで、密かにそうではないかなとは思いながらもそんなことを述べている意見に出会わなかったところ(当然過ぎることだから言わないのでしょうか)、これでスッキリしました!
この点は、「かめ」さんのブログの「トリビア」にも書いてあるところをみると、アメリカ在住の方にはスグに分かることなのかも知れませんが!
 なお、ご存じかも知れませんが、町山氏は、「別冊映画秘宝」の『「イングロリアス・バスターズ」映画大作戦!』(洋泉社)で大活躍しています(この雑誌で、この映画の面白さは20倍膨れあがります←ただ、米国では雑誌の入手が難しいかもしれませんね)!
 
 
 
コメントありがとございます^^ (みゅうみゅう)
2009-12-31 09:55:42
遊びに来てくれて嬉しかったです。
とにかく切なくなる映画でした。
自分に当てはめて考えたり、しちゃいました。
行ってよかったな~~~!^^!

今年も大晦日が来ました。
良いお年をお迎えください。。。
 
 
 
こんにちは。 (KLY)
2009-12-31 13:42:17
本当に心に染みるよい作品でした。
今思い出しても涙がでてきます。
「WALL・E」でもそうでしたが、しっかりとした描写を見せれば言葉はなくても通じるものですよね。
トリビアの部分、白血病の少女って…そんなことがあったんですか…。

今年一年どうもお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。^^
 
 
 
来年もよろしくお願いします~^^ (latifa)
2009-12-31 14:14:04
かめさん~こんにちは!
>はじめて日系アメリカ人のキャラクター
そうなんですか・・・。東洋系か、ヒスパニック系だろうな・・とは思ったのですが
個人的に、この子が可愛く見えなくて・・(爆)
もうちょっと可愛い子にしてもらいたかったなぁ~。
インディージョーンズ2に出て来た中国人の少年みたいな子だったら違ったんだけど・・・(古っ)

白血病の少女のお話、、私もどこかで読んで、ぐっと来てました・・・。
 
 
 
みゅうみゅうさん、 (かめ)
2010-01-01 00:14:40
こんにちは、
心に染み入るようなはじまりと終わりでしたね。
自分に当てはめてしまうほど、感情移入してしまいました。
 
 
 
クマネズミさん、 (かめ)
2010-01-01 00:16:28
こんにちは、
町山さんはここ2-3年でファンになりました。
ポッドキャストも全て保存してます。
 
 
 
KLY (かめ)
2010-01-01 00:24:05
こんにちは、
来年もピクサーの新作に期待しましょう。
ただ、今度はトーイストーリーとカーズの続編だそうです。
 
 
 
latifaさん、 (かめ)
2010-01-01 00:25:58
こんにちは、
アメリカ人からみた、アジア系、日系ですからね。
女の子ならもう少しかわいいキャラになっていたかもしれません。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
 
 
 
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (みんなシネマいいのに!)
 我が家に大量の風船をつけて旅立つ老人! 目指すは亡き妻との約束の場所だ! 予告
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 (たいむのひとりごと)
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」:西日暮里五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ビルメンテナンス・・・カールじいさんの家もメンテナンスしてくれないかな。 {/hiyo_en2/}冒険の旅でボロボロになっちゃったもんね。 {/kaeru_en4/}いまはなき愛妻の夢をかなえようと、自宅に風船をいっぱいつけて南米の滝をめざすじいさんのア二メーショ...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (めでぃあみっくす)
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者より...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』 ('09初鑑賞179・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 日本語吹き替え版、2Dでの鑑賞です。
 
 
 
映画レビュー「カールじいさんの空飛ぶ家」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
 
 
 
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
 
 
 
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
 
 
 
映画 ■■カールじいさんの空飛ぶ家■■ (Playing the Piano is ME.)
見る前からヤバイな、と思っていたけど もう、涙腺決壊。 泣いた泣いた。 体中の水分が全部涙になったと思うくらい泣きました。
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家チ...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家3D★★★★+劇場3本目:小ネタがいっ... (kaoritalyたる所以)
レビューを半分書いたところでPCフリーズ!また書き直しです^^;どうやら、ネットにも接続が・・出来ません。もう一度接続をし直して、一旦切って、また接続して何とか復活したようなので、改めて・・。同じ事は書けないので、気分を変えて書きますね。解説等はいつも...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 (映画のブログ)
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...