とらわれず、ありのままに。

「とらわれず」自由な心でいたいけれど、難しい毎日。
「ありのままに」受け入れたいけれど、まだまだ未熟な私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

存在。

2007-03-11 00:54:29 | 
定年退職するまで私が生きているとして。その時に親が生きているとは限らない。むしろ、生きていないと考える方が妥当だ。そのことに気付いて、心底、親を大切にするために、一日一日、一語一語を大切にしなければと思う。

けれど同時に、家族から逃れたい思いにも駆られる。たぶん、家族の誰もそうは思っていないけれど、私はとても気を遣っている。私は、よく妹の名前で家族から呼び掛けられる。気にしないようにしている。気にしだしたらキリがない。そのことで怒ったことは一度もない。だから家族は、実は私が傷ついていることをしらない。

だけど、時々、私って何だろうと思う。八方美人で、いい子にしようとして、いい人でいようとして、印象の薄い、いてもいなくてもいい存在なんじゃないかと思う。ふと、魔がさして、そんなふうに思うことがある。自分の存在意味を感じたくて、仕事をしているように思う。

20分。衝動的な思いは20分でおさまると聞いたことがある。とらわれまくりの思考。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 変わる。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。