かめちきの 風に吹かれて

ドラゴンズは今年も早めの冬ごもり。来季に向かって爪を研ぐ。

土砂降りの泪雨

2017-07-26 | 野球日和
これで負けるかあ。昨日に引き続き、
選手たちがあまりに不憫すぎる。
大野が完投してくれてたらなぁ、とは
望みすぎなのか。
谷や三ツ俣を責めるのは酷。控えの
選手にも成長してほしいし。ただ、
荒木が元気だったら展開違うよね、と
思ってしまうのはいけないなぁ。
昨日、今日のヨーダの失策だって、
荒木がグラウンドにいたら事前になにか
助言できてたと思う。

雨の中、茫然と座っていたら、荒木は
タオルをかぶったりすることなく
しゃんとして帰って行ったよ。よし。

私も緑ユニの海の中、ドラタオルを首に
昂然と頭を挙げて歩く。こんなことで
オタオタしてちゃ野球ファンは務まらないゼ。

写真、荒木と福地の視線が交差した瞬間。
この二人が走ることについて語り合ったら
どんなだろうかと夢想する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神宮の風 | トップ | もつれた »

コメントを投稿

野球日和」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL