かめちきの 風に吹かれて

ドラゴンズは今年も早めの冬ごもり。来季に向かって爪を研ぐ。

ド昭和

2016-09-15 | つれづれ
『赤ヘル1975』に読み耽った広島までののぞみ。
深く考えずに買ったけど、やっぱり戦争の影の
大きな話で。ああ、今年の私は戦争と対峙する
定めなのだなと感じる。

江田島の国民宿舎、驚愕の昭和感。隣接の
日帰り温泉もそう。それがレトロというのではなく、
私たちが一生懸命振り捨ててきた昭和。
ダサくてカッコ悪くていい加減。
考えてみれば、京都とか沖縄とか金沢とかって、
特別なんだよね。昭和って、どこか懐かしい
なんてものじゃなくて、ダサくて、いやに
なっちゃうものだった。でも、全部が
ハイセンスでステキでカッコいいプチ東京で
なくてもいいんじやないか。
コウモリの舞う露天風呂でそう思った。

あ、でも、ご飯は美味しくて。広島搾りで
ひとつぶくんという掌に載らないような
大きな夏牡蠣は素晴らしかったことは
付け加えとかなきゃ。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たぶん、鯉 | トップ | 海ポチャ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ド昭和 (cogakyan)
2016-09-16 07:44:49
コウモリ舞う露天風呂!野趣溢れる情景ですな〜
そういえば、悪魔や吸血鬼関係と結びつけられがちな欧米と違って、東洋(漢字文化圏)てコウモリ(蝙蝠=偏福と同音→“福が来る”に通じるらしい)は幸運の象徴だったりするんですよね。日本でも粋人の着物の柄になってますが、今だとハロウィン仕様の振り袖とかもありそうです。ゴスロリ方面に行っちゃうかな。
cogakyanさま (かめちき)
2016-09-19 21:29:09
ちょうど夕暮れ時だったものでしたね。
まさか海辺でコウモリが舞うとは思いませんでした。
かわほりじゃなくてうみほりやん、とか思ってみたり。
まあ、海辺といっても瀬戸内は本当に内海ですから
不思議はないのでしょう。隣の森では虫の音も
にぎやかでしたし。

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL