静岡から なんだかんだと 発信します 

静岡市のおじさん税理士「かんべ」です
見たこと、聞いたこと、経験したことなど 
おじさん視線で書いています

もみじの永観堂と呼ばれてもいるんです・・ (京都 東山 永観堂)  

2016年09月15日 | 名所旧跡・スポット
☆ 秋にもう一度訪ねてみたい  ☆

またまた
永観堂こと禅林寺の話題

京都の一番の繁忙期は紅葉の時期と言われている
そして、この永観堂は「秋はもみじの永観堂」と呼ばれている
もみじが有名な京都において
わざわざもみじの永観堂と呼ばれるのだから
ここの紅葉はきっと最高にきれいなんだろう

自分が訪れたのは夏だったので
まだもみじは真っ青
その緑一色の世界でも
確かにこれが紅葉したらきれいなんだろうなぁ
そう思える景色でした

この写真は



阿弥陀堂から多宝塔方面を撮った写真
大きなもみじが建物を囲んでいます


そしてこちらは



永観堂の名物になっている「三鈷の松」
普通は二本一組の松の葉が三本になっている
その三本の葉が落ちてもみじの枝に引っかかっている


外へ出れば



階段の周りはすべてもみじ
池の周りも
建物の周りも
あちらもこちらも
もみじだらけ


秋に京都へ行くことがあったら
ぜひこの永観堂を訪れてみたい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じオリンピックですよね ... | トップ | すごく間の悪い旅行になりそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名所旧跡・スポット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。