かまつか

遠く離れた家族へ。わが家は今日もまったり

里仙

2015-08-12 20:51:03 | 日記


かまづか の したてる まど に ひぢ つきて
よ を あざけらむ とごころ も なし

かまづか・・・葉鶏頭。雁来紅ともいう。
したてる・・・下照る。照り映える。
とごころ・・・「利心」さとい心、しっかりした気持ち。
歌集 十六首のうちのひとつ。


里仙 かまつかより

里仙の「かまつか」もなかを買うと會津八一のこの歌の書かれた短冊がついてきます。
かまつかは野山になるかまつかの木のことかと思っていたけど
その短冊から葉鶏頭、雁来紅だということを知りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | やぶ椿の実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。