呉市かまがり天体観測館

呉市かまがり天体観測館のブログです。
イベントや星空情報等を掲載していきます。

プラズマを打ち出す星

2016-10-12 13:10:48 | 天文ニュース

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)によって、8.5年の周期で定期的にプラズマの
塊を打ち出す星が観測されました。

この星はうみへび座V星(距離:1,200光年)という名前で、赤色巨星と呼ばれる
年老いた段階にあり、大きく膨れ上がってます。おそらくは未発見の伴星があり、
公転の途中にV星の中を通過する際にV星の物質を剥ぎ取り、このような放出を
起こしているのではないかと考えられています。

こうしたプロセスを経ることで、惑星状星雲という軽い星の最終段階に至るの
かもしれません。

具体的な放出機構は分かっていませんが、また1つ宇宙の新しい現象が判明し、
宇宙のことをさらに理解できるきっかけになりそうです。



(画像:NASA, ESA, and A.Feild(STScI))


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただいま宇宙週間中 | トップ | 天王星が衝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。