呉市かまがり天体観測館

呉市かまがり天体観測館のブログです。
イベントや星空情報等を掲載していきます。

地球外生命

2017-04-19 13:37:21 | 天文ニュース

先日、土星の衛星であるエンケラドゥスから噴き出すガスから、
水素分子が見つかりました。

この発見の何がすごいかと言うと、地球以外にも生命を育む環境が
整っている可能性が高まったからです。

地球型の生命が生息するには、
 ・環境
 ・材料
 ・エネルギー
の3つが少なくとも揃っていなければならないと考えられます。
そのうち、上の2つは他の天体にも存在することが確かめられて
きましたが、エネルギーについてはよくわかっていませんでした。

今回発見された水素分子はエンケラドゥスの地表下にある海の底の
岩石と熱い海水とが反応することで生み出されているものと推定
され、海中に地球の熱水噴出孔のような熱水を作り出す何かが存在
することが強く示唆されます。

ということは、エンケラドゥスには地球型の生命が誕生できる
条件が揃っていることになります。もしかすると、すでに生命が
誕生し、生態系を形成しているかもしれません。

木星の衛星であるエウロパも同様の状況と考えられるので、遠い
宇宙を探さなくても、近々、身近なところに地球外生命体の作る
社会が見つかるかもしれません。

さらなる詳しい探査が楽しみです。



(画像:NASA/JPL)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満開 | トップ | こと座流星群(2017) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。