呉市かまがり天体観測館

呉市かまがり天体観測館のブログです。
イベントや星空情報等を掲載していきます。

ペルセウス座流星群(2017)

2017-08-10 13:23:37 | 星空情報

8月13日(日)に三大流星群の1つであるペルセウス座流星群がピークを迎えます。

8月13日の午前4時のピークが予想されていますので、ピークの時間帯だけ
を考えれば、観察するのにはピッタリの年です。12日夜から13日朝にかけて、
特に夜遅くなればなるほど、多くの流星が見られそうです。
土曜日の夜から日曜日の朝にかけてですので、日程もばっちりだと思います。

「夏の夜、流れ星を数えよう 2017」というキャンペーンも実施中です。
8月10日の夜から15日の朝にかけての期間に流れ星がいくつ見えたかを
インターネットで報告するものです(報告期間:8月10日~16日)。

流星群の流れ星は流れた軌跡を後戻りしていくと、空の中の1点に集まります。
今回ピークをむかえる流星群は、この点(輻射点と言います)がペルセウス座に
あるため、ペルセウス座流星群と呼ばれています。

流星群のおすすめの観察方法は、
 (1)東を向く
 (2)そのまま仰向けに寝る(足が東、頭が西)
 (3)空の広い範囲をぼうっと見る
 (4)流星が現れたらそっちを向いてしっかり観察する
です。時間帯は明け方に近い方が良いです。

ただし、今年はほぼ一晩中月明かりに邪魔されて、かなり条件は悪いです。
が、ピークの時間帯がとても良いため、観察にチャレンジする価値はある
と思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ISSをみよう | トップ | 夏の星座の見つけ方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

星空情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。