呉市かまがり天体観測館

呉市かまがり天体観測館のブログです。
イベントや星空情報等を掲載していきます。

GWのイベント

2017-04-21 13:28:06 | 天文台情報

GWまであと少し。かま天では月と木星をテーマにしたイベントを
予定していますので、ぜひ、ご参加ください。

5月3日(水・祝)~5日(金・祝) 「月と木星を見よう」です。

大きな望遠鏡などを使って、月や太陽系最大の惑星である木星を
観察すします。月面のクレータや木星の縞模様、周りを回る衛星
の様子などを確認することができます。

また、当日に見える他の天体の観望や春の星空解説もあります。



-----------------------------------------------------------------------------------

 「月と木星をみよう」

  日 時 : 5月3日(水・祝)~5日(金・祝) 19時30分~21時00分

  場 所 : かまがり天体観測館

  対 象 : どなたでも(予約不要)

  参加費 : 大人200円、小人100円

  問合せ : TEL  0823-66-1166

        E-mail  info@kamaten.net

  備 考 : 雨天の場合は室内で星の話をします。

-----------------------------------------------------------------------------------



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こと座流星群(2017)

2017-04-20 13:06:44 | 星空情報

4月15日頃~25日頃にかけて、4月こと座流星群が出現します。

今年は月明かりの影響も少なく、好条件で観測ができそうです。
ピークは22日の21時と予想されているので、22日20時~23日明け方
にかけて観測するのが良いと思います。

ただし、突発的な出現を示した記録はいくつかあるものの、例年は
1時間あたり数個程度と、あまり活発な流星群ではありません。

観測にチャレンジしてみようと思う方は、しっかりと防寒をして、
挑んでみてください。

流れ星を見つける一番良い方法は、楽な体勢で、なるべく空の広い
範囲をキョロキョロせずにボーッと探すことです。

頭の真上あたりを中心に広い範囲をぼうっと眺めるのが良いでしょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球外生命

2017-04-19 13:37:21 | 天文ニュース

先日、土星の衛星であるエンケラドゥスから噴き出すガスから、
水素分子が見つかりました。

この発見の何がすごいかと言うと、地球以外にも生命を育む環境が
整っている可能性が高まったからです。

地球型の生命が生息するには、
 ・環境
 ・材料
 ・エネルギー
の3つが少なくとも揃っていなければならないと考えられます。
そのうち、上の2つは他の天体にも存在することが確かめられて
きましたが、エネルギーについてはよくわかっていませんでした。

今回発見された水素分子はエンケラドゥスの地表下にある海の底の
岩石と熱い海水とが反応することで生み出されているものと推定
され、海中に地球の熱水噴出孔のような熱水を作り出す何かが存在
することが強く示唆されます。

ということは、エンケラドゥスには地球型の生命が誕生できる
条件が揃っていることになります。もしかすると、すでに生命が
誕生し、生態系を形成しているかもしれません。

木星の衛星であるエウロパも同様の状況と考えられるので、遠い
宇宙を探さなくても、近々、身近なところに地球外生命体の作る
社会が見つかるかもしれません。

さらなる詳しい探査が楽しみです。



(画像:NASA/JPL)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開

2017-04-14 14:21:42 | 天文台情報

かま天の周辺は満開の桜でいっぱいです。

実はこのあたり、隠れた桜の名所。

この週末にお越しいただければ、ちょうど舞い散る桜の花びら
の中で幻想的な時間を過ごすことができると思います。

一部、夜のライトアップもしていますので、夜桜もいいですよ。

昼にお花見、夜に天体観測はいかがでしょうか?



散りつつあります。



桜並木1です。



桜並木2です。



桜のトンネルです。



ひと山さくらです。



桜ではないですが、桃(?)も綺麗です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふれあい天文学(2017)

2017-04-13 13:13:46 | 天文ニュース

世界の最前線で活躍する天文学者による授業「ふれあい天文学」の実施校
の募集が始まりました。

2010年度から開始された事業で、全国の小・中学校を対象に、国立天文台の
天文学者が学校に訪問し、授業を行ってくれます。しかも、学校側の金銭的
な負担はありません。

この7年間の実施校を見てみると、広島県で開催されたことが一度もない…。
貴重な機会となることは間違いありませんので、生徒たちのために、学校の
先生方にはぜひ応募していただきたいです。

募集の〆切は5月末までです。

詳しくは、こちらへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加