鎌倉徒然草

鎌倉に住んで20年。四季折々の自然を楽しみながら、オリジナルの和雑貨の企画、製造、販売を展開しています。

きもの草子⑪

2014年06月30日 | 日記


ゆかたの季節、本番でーす!

花火大会の情報もちらほら。

日本で一番最初に花火を鑑賞をしたのは徳川家康だとか。

厄払いのようでした。

 
ゆかたを着る時のお悩みが下着。

長襦袢、まず着きません。でも「透ける」のがNG。

上は和装ブラジャー、肌襦袢が理想ですがキャミソールでも。(肌色が無難)

但し、裾除けは絶対つけてください。(ステテコ形やワンピース形もあり)

暑くて嫌でしょうが、ウェストに補正のタオルを巻くと帯のおさまりがいいです。

私は有難いことに補正いりません(!)でも、帯、汗かくので薄いタオルを巻きます。

あまりに下着を省くと、冷房の対応がこわいです。

ですから、肌襦袢、裾除けはきっちりつけましょう。

きちんと下着をつけると、やはりゆかた姿、きれいです。

ゆかたって、日本の女性を一番きれいに見せると思いませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手上げ パソコン!

2014年06月30日 | 日記

昨夜、きもの草子を打ち込もうとパソコンに向かった。

「なぜ?」すべての文字がちっちゃーい!

原因がわからない。夜も遅くサポートセンターもだめ。

悔しいから朝、格闘すること1時間、やっと解決。

初心者は悲しいほど時間を無駄にする、いや無駄とは言わないか。

こうやって覚えていくわけですから。

はい、夕方「きもの草子」綴ります。すみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほうずき

2014年06月28日 | 日記

夏の顔、ほうずき。

縮緬細工教室の、スタッフの作品です。

とてもかわいくて、だいすきです、わたし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほうずき

2014年06月28日 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花嫁さん

2014年06月27日 | 日記

6月の花嫁さんは幸せになれるといわれる。

根拠は知らない。

この雨の多い月に?

おそらく外国から来た言い伝えだとおもうのだが・・・

鎌倉の路地裏、どこから舞い降りてきたのと聞いてみたいような2人にあった。

今日は平日。白いドレスの花嫁さんと、グレーのスーツの旦那様がイタリアンのお店に入って行った。

式ではなく、花嫁さんの格好での披露パーティの趣向のようだ。

おそらく、髪も自分で結い上げたような、素朴な初々しい花嫁さんをこぼれるような笑顔で見つめる彼・・・

20を少し出たばかりでしょうか、2人とも。若いっていいなー、と久し振りに心がほころぶ。


私はハワイの教会で2人式をあげた。

ドレスは、知人の経営していたリサイクルショップで買った。

確か5千円もしなかった。

42歳の花嫁。

勇気があった、大したもんだ・・・、翌年私は母になった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加