鎌倉徒然草

鎌倉に住んで20年。四季折々の自然を楽しみながら、オリジナルの和雑貨の企画、製造、販売を展開しています。

街の匂い

2017年05月17日 | 日記

横浜駅西口はどこまで進化していくのだろう。

老舗デパートは半世紀、不動の貫禄でたたずんでいる。

隣には高層ホテルが肩を寄せ、地下はどんどん勢いを伸ばして広がりを見せていく。

私たちの10代のころから「西口でね」と言えば横浜駅の西口を指した。

生まれ育った浅草から横浜に引っ越してきた年「ブルーライトヨコハマ」が町に流れていた。

「街の明かりがとてもきれいね・・・」と歌っていたが、 西口の駅前には広場がどーんとあり、暗かった。

私にはどうしても横浜に「ブルー」の印象は持てなかった。

それより、デパート脇の路地に点在する雑貨、用品、飲食店に下町の匂いを感じていた。

でも、そこは横浜、元町辺りに足を延ばせば、それは素敵な輸入品の洋服、雑貨の宝庫だった。

今の元町に昔のあの、独特な匂いはありません。

そう、町に匂いが無くなってきている、

何だか同じ建物ばかりが林立して、個性が薄れてきている気がします。

何が寂しいって、子どもたちの「僕の」「私の」町の匂いも薄れてきているということです。

そうなると益々「家庭」という「家族」というステーションが大切になります。

幼い日の家庭の、幸せな団欒の匂いは、長い人生の柱となります。

少なくとも、私は。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 横浜ルミネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。