鎌倉徒然草

鎌倉に住んで20年。四季折々の自然を楽しみながら、オリジナルの和雑貨の企画、製造、販売を展開しています。

クリスマス

2017年11月18日 | 日記

クリスマス商戦たけなわ。

といつても、昔ほどではありませんね。

私の幼い頃はイベントが少なく、お正月とクリスマスは心が躍ったもの。

お用月はもちろんお年玉で、クリスマスはおもちゃを親が用意してくれた。

サンタさんの存在を信じ「お爺さん、寒い中たいへんだなー」と同情していたのは10歳ごろまででしょうか。

かわいいものです。

娘は6歳で「サンタさんはお父さんとお母さん」と言ってました。

都会のクリスマスは年々イルミネーションの競演が激しくなり、若い恋人たちのもの、感があります。

いいなー、

クリスマスに心ときめかなくなってもはや数十年・・・、

だから何?というわけでもないのですが、正直、どこか寂しい。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行列のできるカフェ | トップ | 袱紗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事