鎌倉徒然草

鎌倉に住んで20年。四季折々の自然を楽しみながら、オリジナルの和雑貨の企画、製造、販売を展開しています。

2017年05月05日 | 日記

催事場の売り場に少しだけ緑が欲しくて、小判草を飾りました。

鎌倉のあちこちで見かける可愛い草。

鉄の作家、馬場恒司さんの蝶の花入れはピッタリです。

1日中屋内にいますと、少しの緑でも目、心にやさしいです。

今日は子供の日でしたね、児童書売り場はお孫さんを連れたおじいさまおばあさま達の

楽しそうな笑い声が満ちていました。

こちらまで幸せのおすそ分けを頂き、嬉しくなりました。

私も一人孫が出来ました。むしょうに会いたくなりました。

ギューしたくなりました。

 

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節と着物 | トップ | 135mlの誘惑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。