鎌倉市議会議員 納所てるつぐブログ

日々の議員活動でのできごとや思ったことをつづっています。

市内の小学校と史跡を視察してきました。

2017年07月12日 | Weblog

所属する鎌倉市議会教育こどもみらい常任委員会による市内視察が12日、行われ、市立第二小学校と永福寺跡に行ってきました。

第二小学校では給食と学校トイレの現状を視察です。

第二小学校は私の母校でもあり、教育実習以来の訪問ですので校舎内に入るのは36年ぶりになります。

お昼の時間では給食を校長先生、教頭先生とご一緒にいただきました。


メニューは豚肉の竜田揚げ、サンドパン、牛乳、ボイルキャベツ、カレースープです。
おいしくいただきました。材料費250円で充実したメニューには感謝です。

校舎の視察は学校トイレの現状を、教育委員会の学校施設課長の説明で視察しました。

トイレの改修や洋式化が課題ですが、車いすで入れるみんなのトイレの仕切りがアコーディオンカーテンからスライド式ドアに替えていこうとしている様子も確認しました。
課題は和式トイレの洋式化を含めたトイレの全面改修ですが、小中学校25校すべてを改修するには時間がかかってしまいます。
せめて簡易な方法で洋式化できないものか、またエレベーターのない校舎ですので、バリアフリー化も大きな課題です。

とくに第二小学校は老朽化が進んでおり、規模の大きい順番に行っている普通教室の冷房化工事も来年度にようやく順番が回ってくるとのことでした。

私が同校在学中の3年生の時、校庭で朝会を行っていた時、木造校舎から煙が上がり、あっという間に焼け落ちてしまいました。
その後、近所のお寺や校庭でのプレハブ校舎を経て、5年生の時に新しい鉄筋コンクリート造の校舎が出来上がりました。
自分としては新築の校舎の記憶だったのですが、それから50年、老朽化が著しいと聞かされると自分の年齢を思い知らされる思いです。



第二小学校の視察を終えて同じ二階堂にある永福寺跡(ようふくじあと)に行きました。

国指定史跡永福寺跡(ようふくじあと)は、源頼朝が1189年に奥州平泉を攻めた後、戦さで亡くなった数万の武士たちの鎮魂慰霊のために建てた寺で、中央に二階堂、昭和期に阿弥陀堂、薬師堂の三堂があり、頼朝亡き後は行事や迎賓館の役目もあったそうで、かなり立派な寺院だったそうです。



整備事業が終わり、池には湧水による水が張られ、7月17日には公開に伴う報告会が行われる予定です。

永福寺跡が当時、全国的に見ても有数の規模を持つ寺院であったことが、実際に現地に立つとよくわかります。

鎌倉時代当時も吹いたであろう吹き抜ける風を受けながら学芸員さんの説明を聞きました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦半島地区の議会訪問 | トップ | 議会報告会&意見聴取会 告... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。