所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 237

2017-03-08 08:55:16 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 237

「柏の黒紫ベンガラ」

和室床の間の周辺

天井の神大杉は建築主が益子から調達

床の間天井の杉板は建具屋さん手持ちの杉板

そして天井板を支える棹縁は近くの材木屋さんの手持ちのもの、

と天井に限っても

材料の仕入れ先は様々。

ここは色の違いを見せ、ルーツがわかるよう

べんがらを塗らず

素地のままとしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JIA神奈川デザインアワードで... | トップ | 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL