所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 224

2017-01-25 22:02:45 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 224

「鎌倉の濃紫べんがら」

 

個室内部の写真です。

腰壁は吹き抜け廻りの手すりと同様のデザイン

として、白壁で埋めています。

その上の障子をあけると吹き抜けとなります。

屋根裏との境にはガラスをはめ、

ひとつ屋根の下で住まうイメージを強調しています。

なお

「鎌倉の濃紫べんがら」は今回までです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... | トップ | 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL