所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 286

2017-07-13 20:12:35 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 286

「数寄屋ルネサンス」

 

写真は和室側から廊下、玄関を見ています。

左手廊下の奥にはトイレがありますが、

改修前には玄関があり、玄関のあたりは

ダイニングルームになっていました。

手前の廊下から玄関奥にかけて棹縁天井が

続いています。奥行きは約3メートルあり、

天井板は2メートルの長さですので途中で

継がなければなりません。

赤味と白太の木目が同じような板で繋ぎます。

 

少し転んでいるところもありますが、

1枚板に見えるよう

細やかな大工工事が行われています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... | トップ | 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL