所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 288

2017-07-15 13:48:12 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 288

「数寄屋ルネサンス」

 

和室6帖から和室8帖を見ています。

廊下⇒座敷⇒庭の関係が分かります。

中央右の床の間、床柱、床框は改修前から動かしていませんが

脇の押入れは建具高さを1800㎜から昭和の家の1720㎜に変えたので

鴨居、長押と床柱の納まりは上下にずれます。

そのずれの所在が分からぬほど、大工技で自然におさめています。

一方、改修後、部屋自体を52㎝、廊下側に広げているので

床、壁、天井、そして建具、すべてをやりかえています。

代々木の高層ビルがまじかに迫る住宅地にあって、ここには緑豊かな庭があり

対応する二間続きの座敷も整い、より一層、昭和の家に戻ってきています

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... | トップ | 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL