所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 244

2017-04-04 18:55:18 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 244

「柏の黒紫べんがら」

右の黒い扉が玄関に続く。

ここはリビングルーム。

庭の右手には敷地入口の門が見えます。

庭側間口は3間(5.4m)

1間のガラス戸が二か所あり真壁造でもあり

柱が4本林立し、落着かぬ印象でしたので

今回は太い梁をとばし既存の柱を抜いて

大壁としました。

最後は天井や梁、建具そして外部テラスの屋根組までべんがらを塗り

伸びやかでシンプルなデザインとしました。

以前は壁天井共に白で単調な部屋のイメージでした。

家具や絵の参加で更に重厚さと品が生まれたと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... | トップ | 日本の美を伝えたい―鎌倉設計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL