ゲッチョのコラム

カマキリ広報パートⅡからゲッチョのコラムにタイトル変更しました。再開します。よろしくお願いします。

ゲッチョ先生、インドネシアに行く!

2017-07-29 21:46:21 | イベントその他
7月19日~
自由の森のときのクラスの生徒だったノリトは、今、インドネシアで「純胡椒」というブランドのコショウを製造、販売している。
その、ノリトの招きで、インドネシアへ。
大学で授業をしてから、夕方の便で羽田へ。羽田を深夜発のエアアジアに乗ると、翌朝、クアラルンプール着。ここで、ジャワ島のスラバヤ行きに乗り換え。さらにスラバヤでインドネシアに入国したのち、国内線に乗り換え、スラウェシのマナドへ。突いたときは、すでに夜の7時だった・・・。
と、こう書いたが、とにかく、ノリト様々。LCCの国際線の注意点やらなんやらをメールで送ってくれたし。とくにスラバヤは国際線と国内線が車で30分も離れているから、個人では移動がとっても難しい・・・。ここも、ノリトは現地人の利をいかして、友人の車で送迎をしてくれた。
ノリトがインドネシアに出入りするようになったのは、2000年というから、僕が沖縄に移り住んだのと変わらない。ところが、ノリトのインドネシア会話力ときたら、電話で自分の仕事場の従業員への指令やらをふくめ、傍目にはインドネシア人と遜色が無いように見える・・・。すごい。自分のこの17年間は、ほとんど成長が無かったんじゃ無いかと思うほど。
せて、マナド空港につくと、そこにはマナドに在住のノリトの仕事仲間の華僑系のインドネシア人と、自由の森の時にノリトと同級生だったタツヤが待っていた。
今回の機会にあわせて、タツヤも千葉からバリ経由でマナドにやってきていたのだ。タツヤはタツヤで卒業後、フランス留学をへて、ブラジルでコックをしていた経歴のある農家・・・という肩書き(5日ほどの滞在のおわりには、「耳ができてきたから、あと数日したらインドネシア語、しゃべりはじめられるかも」なんていっていて、これまた、すごいなと思わされた・・)。
この日は、夕飯を食べてのち、そうそうに休む。翌朝は、マナドの市場を見学。
スラウェシというのは、どこかジャングルというイメージしかなかったのだが、車もバイクも渋滞するほど走っているし、人の賑わいがすごい。市場もごったがえしだった。
とりあえず、市場の中でみかけた、トウガラシと、パパイヤの雄花(どうやって食べるのだろう?)・・・。あれこれ、気になるものはあるけれど、旅はこれから。そう、あれこもこれも買うわけには行かなかった。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アダンジャム作りに挑戦! | トップ | インドネシア編 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベントその他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。