ゲッチョのコラム

カマキリ広報パートⅡからゲッチョのコラムにタイトル変更しました。再開します。よろしくお願いします。

地衣類 in 道成寺 パートⅡ

2017-01-04 21:39:13 | イベントその他
道成寺の地衣類観察会・つづき

それでも、何度か観察会に通っているうちに、見慣れたと思える地衣類も少しは出てくる。コナセンニンゴケ(写真)なんかもその一つ。

どうやら南方系の地衣類らしいが、これは地上に生える地衣類で、屋久島でも見かけた。
一方、カワホリゴケの仲間はアオキノリとか、トゲカワホリゴケとかモドキとかに多様なのがあれこれあって、見てもついつい、カワホリゴケの仲間・・・でおしまいにしたくなる。こうした点がいかんのではあるけれど。写真はトゲカワホリゴケモドキ。

ようやく境内へ。ただし、だれも伽藍とかを見たりしない。境内の周囲をぐるりと回り、植えられた木々の幹とにらめっこばかりしている(僕も境内内の印象がミクロな視点でしか残っていない・・・)。
へえと思ったのは、拝殿の木造部分の表面に、灰緑色の地衣類がついていたこと。先生に聞くと、コナチャシブゴケ・・・どうやら普通種のよう(写真)。

たぶん今までも「目」にしたことはあっても、それを地位とは認識していなかったのでは(ただ材の表面が緑色っぽいなと思うだけ)と思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地衣類 in 道成寺 | トップ | 地衣類 in 道成寺 パートⅢ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベントその他」カテゴリの最新記事