ゲッチョのコラム

カマキリ広報パートⅡからゲッチョのコラムにタイトル変更しました。再開します。よろしくお願いします。

日本・・・生態学会

2017-03-21 22:56:46 | イベントその他
3月17日
生態学会のついでに、最終日、時間をにらんで銚子まで遠征へ。
目的の一つは海岸の地衣。前に見たことがあったけれど、もういちどちゃんと見直しておきたいと思っていた。
海岸の岩場に、カラタチゴケの仲間やダイダイゴケの仲間などが、あれこれ、びっしりと生えていて、
あらためてカンゲキ(写真)。

潮の時間を気にしないででかけたのだけれど、ちょうど干潮だった(写真)。

漁師さんたちが海藻を収穫していたのだけれど、じゃまにならないように、波打ち際を散策。
で、石にまじって、いくつかのクジラの骨の化石のカケラを見つけた(写真)。

いつもだと、海鳥の死体が結構落ちているところなのだけど、今回は白骨化したアビ?を一羽みるだけ。
代わりに、モモタマナの実が漂着していた。沖縄ではむろん、家の近くでも見かけるような木の実だけれど、
千葉でみると、感慨深い(写真)。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ旅行 in 韓国 その8

2017-03-18 17:38:38 | イベントその他
3月7日
市場を歩き回っていたら、すっかり冷え切ってしまった・・・
それでも学生たちは、次は布市場へ行きたいとのこと。で、ここもえんえんと布を売っている店が・・・。その間、カオリ(エイではありません)と東大門の近くの城壁周辺を散策(写真)し、近くにあった城壁博物館を見学。

さて、写真は東大門の屋根の上のまよけ。おもしろのは、三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄の像がまよけとなって一列に並んでいること(しかも、どう見ても、それぞれに見えない・・・・)。さらにその後ろに並んでいるのが、穿山甲。センザンコウ?センザンコウってこんなのなの?フシギ(写真)。
夜はカオリの息子さんたち二人も合流し、焼き肉へ。これも畜産市場で自分たちで肉を買い、指定された店で焼く・・というスタイルでおもしろい(しかもすごくおいしい)。学生たちはさっそく子どもたちと仲良くなって、「韓国語でトイレはどこってどういうの?」なんて習っては、店員さんに通じるか試していた。こんな交流ができたのが学生たちには楽しかったんじゃなかろうか。
翌日は朝起きたら、もう空港へ。
あっというまの旅行だった。
個人的には、もっと暖かい時期に、田舎や海辺に行ってみたいなあと思う・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ旅行 in 韓国 その7

2017-03-18 17:36:13 | イベントその他
3月7日
市場のつづき。
鮮魚市場もえんえんと。
写真はエイの顔の拡大。

韓国語でエイはカオリっていうんだよと、カオリ。刺身にするんだけど、カオリ(普通のサイズのエイ)よりでかいのはホンオと呼ばれ、これはとっても高価なんだとか。
知っている人は知っているように、ホンオは熟成され、アンモニアで口にするとびりびりくるような刺激的な刺身ができあがる・・・。
もう一枚はタチウオの写真。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ旅行 in 韓国 その6

2017-03-18 17:11:50 | イベントその他
3月7日。
市場のつづき。
カオリが朝鮮人参の粉を買いに行くというので、ついて行く。
そこで売られていたのが、人工培養された冬虫夏草(サナギタケ?)。

おばちゃんがフタをあけて、食べていいよなんていってくれる。乾燥されたものなので、一かけ食べた食感は、ほとんどウエハース。でも、あとのほうで味がする・・・。へええ。
さらに市場を行くと、ひもの売り場へ
エイのひものがうられている。で、ここでゼミの女子が二人、エイのひものを購入。

カオリいわく「韓国人でもあれ、買っているのをみたことないよ。観光客がかっているなんていったら、みんな、なんでっていうはず・・・」
ゼミ生自体、「こんなものかってるなんて、ゲッチョゼミ、変」と言っていた。
ちなみに、僕は前回のゼミ旅行で購入済み。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ旅行 in 韓国 その5

2017-03-18 17:06:09 | イベントその他
3月7日
漢方市場の隣には、生鮮市場も

ドングリ豆腐

蜂の集めてきた花粉団子

・・・こんなものも売っている。で、カオリがかってくれたのだけど、口にした学生の一言。「カブトムシのにおいがする」・・・うーん、納得。(甘いんだけどね)
そしてカイコ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加