ゲッチョのコラム

カマキリ広報パートⅡからゲッチョのコラムにタイトル変更しました。再開します。よろしくお願いします。

屋久島~エトセトラ

2017-06-25 22:54:41 | イベントその他
屋久島の森で・・・
コカゲランの花のかれいな姿。


サツマゴキブリの脱皮直後の姿にも。


頭をもたげているのは、タシロランの花茎。

ちょうど、のびはじめているところだった。
こうして、あれこれ、菌や、菌と関わる植物を見る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島~キノコ編

2017-06-25 22:51:17 | イベントその他
屋久島の森で
キノコ屋のクロキさんが一緒なので、虫草以外のキノコもあれこれ教えてもらえる
ひときわ眼をひいたのは、ヒメスッポンタケ
夜は夜とて、シイノトモシビタケや、ヤコウタケウオッチングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島へ~冬虫夏草を求めて

2017-06-25 22:45:02 | イベントその他
6月16日
屋久島へ冬虫夏草探索へ
いつものように、ヤマシタさんの家にやっかいになりながら、連日森へ。今回は、宮崎研博のクロキさんも参戦。
写真は未熟なゴキタケの全体像と、成熟したゴキタケの結実部。
なお、今回、沖縄産のものも持参したので、比較してみた。二本うつっているものの、右側の大きい方が沖縄産。左側が屋久島産。こうしてみると、あれこれ、違う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新刊本のお知らせ

2017-06-11 21:45:23 | イベントその他
新しい本ができました
『ゲッチョ先生の昆虫と自然の描き方教室』 ナツメ社 1800円
虫の絵の描き方を中心に、南三陸のビジターセンターの生態画も取り上げて紹介してあります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィールドワーク in 与論

2017-06-11 21:39:58 | イベントその他
6月7日~クニマサさんと与論に聞き取り調査。与論は初めて。
平たい、小さい、全面的に開墾地……。
生き物を追いかけるだけではおそらく訪れることが無かったかも。
聞き取りは、与論の郷土研究会の方々がいろいろと世話をしてくださった。
90になられるという、チヨさんからもいろんなお話をうかがえて、カンゲキ。
小さいシマでも、人と自然の関わりから見れば、やはり独自の一つの世界がそこにある。


写真はサルカケミカンの実。口に入れるとミカン風味がして悪くないが、与論では食べなかったとのこと。「あれは山羊の餌」というのがコメントだった。


島には石灰岩の断層もあって、骨でもでないかと、周りをうろうろ。へたをすると、しごくあっさりと人の骨(あちこちに風葬のあとがある)に出会ってしまうわけだけど(Tさんには、”ぼくの曾祖母の風葬墓を案内しよう”といわれ、見事な風葬墓の見学も。ただし、何軒かの合同墓なので、目にする骨のどれが自分の曾祖母なのかはわかりません……とのことだった。石灰岩の島ではじつにきれいに骨が保存されうるので、こうした風習がうまれたのかしらと思ったりする)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加