kamacci映画日記 VB-III

広島の映画館で観た映画ブログです。傾向としてイジワル型。美術展も観ています。

キングコング:髑髏島の巨神

2017年04月06日 | ★★★★☆
日時:4月1日
映画館:バルト11
パンフレット:A4版820円。見出しが「地獄の黙示録」ロゴになってるなんてニクイ!

親子三人で鑑賞だが、家族では前回は「シン・ゴジラ」その前は「ジュラシック・ワールド」レジェンダリー版「GODZILLAゴジラ」と怪獣映画ばっかし。

さて、幼少期から斬新なデザインの怪獣が都会を破壊する映像ばかり見ていると、巨大なゴリラが高層ビルを登るのがクライマックスという映画はパンチ力が弱かった。
今回もピーター・ジャクソン版の続編だとしたら腰が引けたが、コング meets 地獄の黙示録+南海の大決戦と言うじゃないか。じゃあ、行きましょう!

結論から言えば、大胆なアレンジを加えながらも本家のエッセンスを残した快作。

【以下ネタばれアリ】

1973年ベトナム戦争終結直後、「GODZILLAゴジラ」にも登場した極秘組織「モナーク」は南海の孤島髑髏島で謎の存在を察知、撤退間際の米軍、元SAS、反戦女性カメラマンと共に探索に向かう。
嵐の中の髑髏島にたどり着いた戦闘ヘリ部隊はいきなりコングと正面衝突。夕陽をバックに仁王立ちするコングと立ち向かうヘリ。血が騒ぐなあ。

最近の戦争映画の特徴として、いろいろと趣向を凝らした戦闘シーンを見せてくれるのだが、本作でも不幸な米兵が飛行中のヘリに投げつけられ、ローターで木っ端微塵になっているであろうシーンが見られる。

「地獄の黙示録」のキルゴア中佐並の活躍をする間もなく、ヘリ部隊はほぼ壊滅。生き残りメンバーは髑髏島を脱出しようとする・・・

途中、第二次世界大戦中にこの島に不時着した米軍パイロットが登場するが、この役名がマーロウ。先のSASがコンラッドとこれまた「闇の奥」経由の「地獄の黙示録」つながり。他にも島の脱出手段が川くだりのボートだったり、島の原住民がカーツの「神の王国」だったりもする。

確かに本作、「地獄の黙示録」やNAMモノの影響がアリアリで、不時着したヘリが破壊されるアングルなどまんま「地獄の黙示録」。米兵の描き分けやジャングルで呆然とする表情のアップなどこれまでの怪獣映画にはなかった描写だ。ただ戦争映画も怪獣映画も大好きなワタシにすると、よく出来ているが故に2種類の映画が同居している違和感を感じなくもなかった。

髑髏島には他にも怪獣がウジャウジャいて、米兵は次々餌食になる。対抗する米軍は重機関銃に擲弾筒、火炎放射器と見せ場を作ってくれるが、全機墜落の割には重装備すぎないかい。腹を決めた米兵が一瞬で爆砕するくだりなどブラックユーモアが生きている。

最悪の怪獣は「GODZILLAゴジラ」のMUTOを彷彿とさせるのだが、きっと縁戚関係にあるのだろう。最初に登場した怪獣が、最悪の怪獣を抑止する役割を果たすストーリーラインも「GODZILLAゴジラ」と一緒だ。

エンドクレジット後の続編予告は笑い出すくらいの楽しさ。「分かりました、さらにお付き合いしましょう!」と膝を打ったよ。

キャスティングも印象的で、思惑の違うキャラクターが生き生きと描き分けられている。ジョン・グッドマンは近年の当たり役「危険なデブ」だし、マーロウ役のジョン・C・ライリーは映画後半をかっさらう。
しかし、特にカメラマンを演じたブリー・ラーソンがオイシイ役どころ。ヒロイン役もさることながら、70年代風の地味な顔立ちがピッタリで、ゴリラつながりで「愛は霧のかなたに」のシガニー・ウィーバーも思わせる。(役名もウィーバー。)こうなると70年代が舞台のギャング映画「フリーファイヤー」への期待がいやが上にも高まろうというもの。(ただし、佐々木希の吹き替えは最悪!「このマザーファ・・・!」と叫ばせていただきます。)

おまけでエンディング間近ではヴェラ・リンの「We'll meet again」が流れる。コングに「We'll meet again」って「博士の異常な愛情」じゃないか!小技が効いていて楽しいなあ。

ところで、パンフレットに掲載された30代のボート=ロバーツ監督のインタビュー。
「コングを現代の観客にみてもらえるコンテンツに仕立て直すというのは相当パワーがいります。また大作だからいろいろな人が口を出す。その中で自分のビジョンを貫き通すには全身全霊で打ち込まなければ。”仕事としてこなす”を超えたパッションが求められ、それには若さが必要です(笑)。」
カッコいい!








題名:キングコング:髑髏島の巨神
原題:KONG SKULL ISLAND
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルトン、サミュエル・L・ジャクソン、ブリー・ラーソン、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリー

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトラーの忘れもの | トップ | ゴースト・イン・ザ・シェル »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仰る通り! (GOGH)
2017-04-16 04:21:08
やっと観てきました。😊

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL