「家」 @ 鎌倉七里ガ浜 + 時々八ヶ岳

湘南七里ガ浜(七里ヶ浜とも)に住む夫婦の生活。その食べ物、犬、酒、クルマ、家。ただその生活をダラダラと書きとめるブログ。

たまには神戸市北野町の異人館街の風見鶏の館に向かい、ジャーディン・マセソン商会の古い門柱に見とれたりしたあと、慌ただしく去る

2017-05-14 09:22:15 | あちこち見て歩く
本日はこちらをどうぞ。RULE BRITANNIA♪ (←なんで、これ?)



いつもの通り、私が神戸に行ったときは慌ただしい。

三宮から北野町へ向かう坂を上る。サッと行って、サッと帰ろう。

北野町と言えばあの異人館街があるところだ。

そうです、今日はベタな観光案内です。

これが神戸の代表的異人館です!(↓)・・・ウソ。



違います。有名なコーヒー店のにしむらのお店でした。



神戸で有名なにしむらのすぐ近くに、世界的に有名なコーヒー店もある。

ジャジャァ~ン! スターバックス。



アメリカのスターバックスも、この地区に店舗をつくるとこうなるのでした。

私、コーヒーってあまり飲まないんですの。



ビールが欲しいくらい。この日は暑かったのだ。



坂の街、神戸。北側は六甲山で南側は海。南北の道はみんな坂道。景色に変化があるから楽しい。

こちら(↓)はそうした街の東西を走る道で、比較的平ら。



こちら(↓)もそうだよ。



でも南北はどこも坂道。

坂道が面白い。いい眺めだ。



さて、かなり上がってきましたね。



このあたりから坂道が徐々にきつくなる。

まずは山道を除けばこのあたりで最高地点になるスポットに一気に上がりましょう。



異人館街と言っておきながら、日本的なスポット、北野天満神社へ。



ぜえぜえぜえぜえ。急な階段だ。



後はもう山です。猪もいるかも。

北野天満神社に来たのはそこにお参りするためではない。あくまで今回は異人館街を見るのが目的。



この景色(↓)を見るためにまずはここまで来たのだ。これはあの有名な風見鶏の館。



神戸港を見下ろす一等地。

この風見鶏の館は異人館街の中でも代表的な建物で、非常にシッカリしたつくりなのでした。



昔々私が神戸に住んでいた頃とは違って、この地区も外国人観光客だらけ。

ようこそTOURISTS、神戸へ! お買い物たくさんして、いろいろ食べてね。

てっぺんには風見鶏がついている。



ドイツ人トーマスさんのお宅だったらしい。



神戸にドイツ人は他国人比で多く住んでいたような気がする。あくまで推測だけど。

私の神戸の家からほんの数軒向こうにお住まいの方もドイツ人だった。

私の叔母も神戸に住み、ドイツ系商社に勤務してドイツ人と結婚してやがて海外に移住し、晩年は日本に戻った。



家の周囲の木の柵をなるべくオリジナルに近い形でわざわざ復元したらしい。



観光に力を入れる神戸市。

柵や門の復元には文化庁もからんだそうで、神戸市教育委員会の説明書きがある。



「レナニア」とはこの家につけられた名前だそうな。



トーマスさんはこの家をそして神戸を愛しながらも、ライン川のある故郷のことをいつも思っていたのでしょう。

いろいろと想像してしまう。

説明書きによると、このレンガは建築当時のものらしい。しかしずいぶん新しく見えるなあ。



レンガが外壁の主たる材料。「奥目の建築」と私が勝手に呼ぶ作りだ。



外壁の外側表面から10cmくらいは奥に引っこんで、窓ガラスがある。壁の厚みを感じさせる建物。

建物の地面に近い部分は石が分厚く積まれ、半地下の位置に窓がある。



今回は中に入っていないので、建物の中のつくりがどうなっているのかはわからないが。

こちらはまたキレイな窓だ。



建物の南西角はガラスを他より多用して、外壁はレンガではなく木だけで構成して、2階建てのコンサヴァトリーのようなつくりになっている。



トーマスさんはここから毎日神戸港を見下ろしたのでしょう。



トーマス邸の前には少し離れて立派な門柱がある。



これもまたレンガづくりだからドイツ人トーマスさんがセットでご自宅とセットで作ったもの?なんて思うところだが、そうじゃないんだ。

ジャーディン・マセソン商会! 世界で最も勢いのあった英国経済そのものと言うか、当時の英国の塊みたいなもの。

RULE, BRITANNIA
BRITNNIA, RULE THE WAVES
BRITONS NEVER NEVER NEVER
SHALL BE SLAVES

・・・だったかな。

本日のyoutubeの音楽はこういう意味だったのでした。しかも途中数秒だけワグナーが鳴ったでしょ。全部意味があるの。

ジャーディンさん&マセソンさんのグループ・ユニット。



そのジャーディン・マセソンの神戸商館の門柱がこれってことだ。



香港に今もジャーディン・グループの社屋であるビルがある。そっちはあまり良いデザインと思わないが、この門柱は良い。

東インド会社の時代から、茶葉の輸入も機関車やウールの輸出も。

やがては金融もそして現代のマンダリン・オリエンタルも、なんでも来いのジャーディン・マセソン。



七つの海を抑えた英国。それから変遷を経たが、それでも今も脈々と生きているビジネス。

トーマス邸もいいが、私はジャーディン・マセソン商会の門柱の方がいい。

観光客のみなさん、異人館もいいけど、もっとこれに注目しようよ。



トーマス邸とジャーディン・マセソン商会のコラボ。



あぁ、いいもの見たよね。古いレンガはいい。

こちらは風見鶏の館の隣の萌木の館。旧シャープ邸だ。こちらは神戸総領事のアメリカ人の住宅。



レンガの煙突が目立つが、これは阪神大震災の時に一度崩れて修復されたものらしい。



いかにも日本の洋館ですねえ。



こちらの萌木の館の前も海外からの観光客でいっぱい。



右手が萌木の館の塀で、左手に先ほどの風見鶏の館が見える。



そろそろ移動して鎌倉に戻らないといけない。

あっという間の滞在だったので、異人館の中にも入っていない。

このあたりの坂の角度はかなりのもの。



夏の上り下りは汗をかきそうだ。

私もかつて神戸市民だった頃は、かなり急な坂道を毎日上り下りしていた。



早く帰ろう。



坂道を上る時に気になっていたのがこれ。

高級なクロワッサン生地で焼き上げたたい焼き、腸を元気にするブルガリア乳酸球菌を配合しています。



こんなのらしい。



もっと寄ってみます。



たい焼きとクロワッサン生地という2つのワードに魅了される観光客もいるのかも。

食べてみたいな。

と思ったが食べずに先へ。急げ、急げ。今回はこれで終わり。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春は豪華にプローン・カレー... | トップ | 株式会社ジェオのジオラマ鎌... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嬉しい (チェロ)
2017-05-14 11:07:53

おはようございます、

やはり格調高いですね、
なんとなんと、
たい焼きも「高級クロワッサン生地」
すばらしい、
縁もあるのが嬉しいです、

なんと書いてあるのでしょうか。
Unknown (アトムとくーちゃんのパパ)
2017-05-14 11:30:36
キレイだなあ、優雅だなあ。本物は良いなあ。そう言えば、ユーハイムもローマイヤもドイツですね。たしかに神戸にドイツ人が多い気がします。世界に名を轟かせたジャーデン・マゼソン商会の門柱が残ってるんですね。行ってみたいなあ。海外の異人観光客が異人館見るのも変な感じ。
Unknown (fran9923)
2017-05-14 11:51:05
こんにちは〜!
急いでる割にすごい量のレポートですね。
神戸は本当に異国情緒たっぷりの街ですね。
やっぱり人は多そう!!私もコーヒーは外では飲みせん。ビールがよかよ!
Unknown (鎌倉山のおじさん)
2017-05-14 13:02:23
こういうところに行っても目敏いというか、教養がほとばしるというか、見るところが違うんですなあ。さすが。唸ってしまいましたぞ。おちゃ流の異人館めぐり。それもきっとまた短時間なのでしょう。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 14:35:50
チェロさん

神戸の北野町界隈は独特なムード。でも三宮から
すぐですけどね。歩いてもすぐ着きます。すぐ
うしろは六甲山。神戸らしいところですよ。

さて、これはなんと書いてあるのでしょうか。
ハングル文字ですよね、たぶん。
すみません。私、読めません。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 14:38:26
アトムとくーちゃんのパパ

昔は北野町に外国人観光客なんていなかったと思い
ます。今やどこでもなんでも外国人のための観光
スポットとなっており、日本もまさかの観光大国。
いやーー、今世紀入ったころにそれを目指すと言って
いたが、本当になってきましたね。こうなったら、
どんどん行きましょう。お金落としてもらわないと。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 14:40:14
franさん

神戸はいい街です。神戸市っていっても面積はすごく
広いので、いかにも神戸なところってほんの一部なん
ですけどね。ビールがよか、ですか?私もです。
今も飲んでます。鎌倉ですが。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 14:43:29
鎌倉山のおじさん

たまたまジャーディン・マセソンの門柱が目につきまし
た。面白いですね。こういうのをもっと集めてきたら
歴史博物館みたいになりますね。

異人館とは別に、海側には古いビルがいくつか残って
いますね。ちょっと前にこのブログでも紹介しましたけど。
六甲の高級マンション (ウムキ)
2017-05-14 16:56:51
学生の頃、六甲?のご自宅にお邪魔した事
今でも覚えております。
急な坂道を上った海が見下ろせる景色のいい
高級なマンションでした。
自宅は古い木造住宅でしたのでマンションが
とてもかっこよく、うらやましかったなぁ!
駅前に自転車が1台もなかったのが不思議
でした。当時は電動自転車なんてありません
からね。あの坂はチャリンコでは無理。
あと、坂道が凍ると大変だったような・・・。
Unknown (ちはる)
2017-05-14 16:57:33
観光もいろいろ。おちゃさんらしい解説でした。私は神戸の北野町は行ったことがないのです。次回行けたら、この門柱を拝見します。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 17:11:22
ウムキさん

こんにちは。来たことあったっけ?
あの神戸港を見下ろす坂の上。すごい急坂だった。
坂道が凍るってことが当時はあったので大変。
冬は滑ります。アスファルトにはしてなかったですね。
道路はコンクリート。表面には丸い穴を空けてある
道路だった。自転車なんて使えない。降りるのは
いいが、上るのは大変。教会とパン・ケーキ屋さんが
やたら多い街でした。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 17:12:25
ちはるさん

この門柱を見てくださいね。ジャーディン・マセソンの
門柱を見て、当時の貿易に想像を膨らませる。
ああ、楽しい。
Unknown (七里ガ浜自治会員)
2017-05-14 18:21:34
素晴らしい神戸解説。恥ずかしながら私はジャーディンマセソンを知りませんでしたが、今回ネットで調べて多くを知りました。すると話は長崎のグラバーまで飛んで行きました。勉強になりました。異人館ももともとは貿易に絡んだものが多いわけですが、普段異人館街を楽しむ観光にそこまで考えることはありませんからね。面白かったです。ありがとうございます。
Unknown (ましこ)
2017-05-14 20:29:42
鱗の家....て ありましたか?

煉瓦の家といえば3匹の子豚
丈夫で長持ち🏡
煉瓦の目地から流れているように見えるのは 糊?だと聞いたことがあります

小樽 海猫屋も煉瓦造りでした
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 21:28:38
自治会員さん

そうですねえ。グラバーも確かスコットランド人ですね。
ジャーディンさんもマセソンさんもそうではなかったかな。
港の方に古いビルがずいぶん残っていますが、
そちらにあっても似合いそうな門柱でありました。
神戸は面白い街ですね。
Unknown (おちゃ)
2017-05-14 21:33:32
ましこさん

うろこの家は今もありますね。この時は時間がまったく
ないのでご覧の通りのところしか行けてません。
うろこの家は昔から大変有名ですね。工事が大変そう
です。本物のレンガで中に鉄筋を通したものは、
外壁としては長持ちしそうですね。多くはレンガみたい
なタイルを貼ったものなんでしょうけど。
ペン立て・マリリンモンロー・マンハッタン (ウムキ)
2017-05-14 22:15:13
覚えていますよ。

豪華なリビングルーム
お母様の創作陶芸 ペン立て
お母様の活けたバラはマリリンモンロー

NYマンハッタンを描いた水彩画
がかけてあったような。

このあと新築戸建に引っ越したのかな。

かわいいヨークシャーテリアがいた覚え
があるのです。
Unknown (maribaba)
2017-05-15 04:50:01
神戸は仕事で何度も行っているのに、異人館はまだ一度も行っていません。
クロワッサン生地とたい焼きの組み合わせ。
面白い、日本ならではのアイディア。
Unknown (おちゃ)
2017-05-15 06:12:40
ウムキさん

ペン立てがあったかどうかは覚えてませ
ん。なにせ母の作った陶器であふれてた
から、何があったのかよく覚えてない
のです。

水彩画、よく覚えてますね。驚き。
あと、同じ人が描いたザルツブルクの城
の水彩画もあったと思います。
どちらも知り合いの方のもので、
買わざるをえない(笑)ものじゃなかったかな。

そこに住んでいたのは10年少し。その
あと引っ越したと記憶してます。
懐かしい。
Unknown (おちゃ)
2017-05-15 06:16:20
Marikoさん

異人館も一度くらいはご覧になっても
良いかも。観光客が多いですけとね。
湖水地方のポターの家か、ストラット
フォードのアン・ハサウェイの家
みたいなもんです。 クロワッサン生地の
たい焼きはあんぱんからさらに派生
したようなアイデアですね。きっと
美味しいと思いますよ。
Unknown (信州タケノコ)
2017-05-15 06:43:54
つまりは三宮から徒歩ですぐのところに行って帰って終了ってことですね。風見鶏の館から半径50mくらいにこれほとんどありますよね。でも観察がたくさんありましたねー。さすが。
Unknown (おちゃ)
2017-05-15 06:55:38
タケノコさん

そうです、全部がコンパクトにまとまっ
てる(笑)
この時も前回の訪問同様、地下鉄に乗って
すぐ移動でしたからねえ。たまには
神戸で1日ゆっくりしたいものですが。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む