「家」 @ 鎌倉七里ガ浜 + 時々八ヶ岳

湘南七里ガ浜(七里ヶ浜とも)に住む夫婦の生活。その食べ物、犬、酒、クルマ、家。ただその生活をダラダラと書きとめるブログ。

稲村ヶ崎へ行きましょう(1) 七里ガ浜住宅地からは歩いて下りれば自然に稲村ヶ崎だよ

2017-05-20 15:54:08 | あちこち見て歩く
茶々之介氏にはお留守番してもらおう。



ビル・エバンスの名盤ALONEからHERE'S THAT RAINY DAY♪



RAINYどころか、外はまぶしいくらいの快晴だけど。



最近話題のこれ。駆除しないと大変なことになるらしい。気が付いたらとってるけど、追いつかない。



我が家から東の方へ下ると自然に稲村の谷戸に入る。



住宅街の中をどんどん下るのです。



左右の家や山を眺めながらね。



ほら、ここはもう谷戸です。



静かですねえ。



鎌倉海側が好きな人は、稲村の谷戸に住むといいよ。いかにも鎌倉海側。でも谷戸の中。



歩行者専用の道多数。



歩け、歩け。



もうちょっとで江ノ電稲村ヶ崎駅。



いや、江ノ電に乗るわけではない。本日は徒歩のみ。



散歩して飯食って買い物して帰るという、いつものパターンだ。



リチャードはパンのお店。



こちらは稲村ヶ崎R不動産。面白い不動産のお店だよ。鎌倉に住むことに関心がある方は、こちらへどうぞ。



江ノ電稲村ヶ崎駅横の踏切。



踏切を南、海側へ横断中。



このあたりでは有名な景色。極楽寺坂へつながる道から稲村ヶ崎へ出たところだ。



向こうが七里ヶ浜でさらに向こうが江ノ島。



これが正真正銘、地形上の稲村ヶ崎。



バス停も稲村ヶ崎。ほとんどバスは来ないけど。



稲村クラシックスに出たいかい?

まずは練習を。

こちらに申し込んではいかがか?



本日はランチしにこちらに行こうかと思う。



稲村ヶ崎食堂さ。



かなり有名な、しかし気取らないお店。

映画海街diaryの元になった小説読んで、ストーリーに出てくる食堂はこれを私はイメージしたが、映画で使われた食堂は別のだった。



目の前は海!って食堂。

でもまだ開店前だから、あとで来ましょう。



となりはMAIN。ずっとここにあるが、ただいま改築中なため仮の店舗で営業中。



隣接して温泉もあるよ。



稲村ヶ崎公園に行きましょう。



国道134号線は車輌の通行量が多いが、それを横切る歩行者によってしばしばクルマの流れが遮られる押しボタン信号。



稲村ヶ崎公園から江ノ島を見る。



みんな遊んでます。楽しそうに。



奥様、波を見ながら自らの人生を振り返る。



波に洗われる稲村ヶ崎。



今日は潮が満ちて、遠くまで行けません。



このあたりで地味に遊びましょう。



気持ちいいですなぁ。七里ガ浜に住んで良かったと思う瞬間。



坂を下ればここですから。



しかし景色はどうでもいいんだ。

腹が減った。

本日お昼が食べたい場所は・・・ここ(↓ 黄色い破線で囲ったところ)。



先ほども申し上げた稲村ヶ崎食堂さ。

【つづく】
ジャンル:
ウェブログ
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AWANOUTA(ラーメン店)/ 静... | トップ | 稲村ヶ崎へ行きましょう(2... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イブ)
2017-05-20 17:54:28
わ~いいですね~~♪
海までお散歩。そしてランチ。しかもひとりじゃない 笑
稲村ヶ崎に温泉があったなんて知りませんでした!
何でもありますね。基本的におしゃれだし本当に住みやすそうないい街ですね。みんなが憧れるわけです。
Unknown (おちゃ)
2017-05-20 18:00:09
イブさん

こういう散歩は楽しいです。天気が良い、気候が良い
歩いてすぐ。空が開けていて磯の香りがして。
稲村ヶ崎温泉は地元の人が行きます。
昔はなかったような気がしますが。
結構距離を歩きました。ウチの住宅街は海に面した
高台なので降りて登って、ある程度は疲れます。
稲村ジェーン (チェロ)
2017-05-20 18:21:05

こんにちは、

稲村ヶ崎といえば、
あの「稲村ジェーン」を想い出います、
評価は兎も角忘れられない映画でございます、
砂浜で立ち尽くすお姿、

絵になりますね。

Unknown (アトムとくーちゃんのパパ)
2017-05-20 18:28:15
気持ちの良さそうなランチお散歩ですねえ。奥様、途中で人生を振り返っちゃったんですね。一番してはいけないことです。もうここまで来たら、振り返っても昔に戻れる訳じゃない。諦めてまっすぐ前を向くっきゃ無い。美味しいランチ食べて元気出しましょう。MAINが改装中で仮店舗、それじゃあSubじゃん。人生なんて、そんなもんですって。稲村ヶ崎食堂のランチ、どんなのが出てくるんでしょう、楽しみです。
海 海 海  (ましこ)
2017-05-20 18:37:23
こちらも夏日でしたよ~

奥様 お久しぶりです 
あの一枚岩は良いですね
私も去年 あの場所で両足を放り出して 
いろいろ振り返りました 
あのお店で二度ほどランチをいただきましたしぃ♡

続きが楽しみです




Unknown (極楽寺のおやじ)
2017-05-20 20:14:37
あ、近所!
極楽寺にも来てよー!!!
Unknown (おちゃ)
2017-05-20 23:43:51
チェロさん

稲村ジェーンは真夏の果実で1990年でしたっけ。
ミゼット使ってましたね。私はあの映画を通して
見たことがないと思います。今度見てみましょうかね。
DVDでも入手して。

サザンの歌では、君こそスターだという曲が
いきなり「稲村ヶ崎は今日も雨」で始まります。
最近聴かないなあ。うちにアルバムがあるはず。
Unknown (おちゃ)
2017-05-20 23:46:46
アトムとくーちゃんのパパ

人生は振り返っちゃうものなんですねえ。
私なんて振り返ってばかり。パパさんなんて振り返る
ことはないんでしょうねえ。前を見て、ブルーベリーや
お茶の葉を慌てて摘むばかり。違うだろ!!!!

稲村ヶ崎は散歩には良いところです。
こんな日は特に。
Unknown (おちゃ)
2017-05-20 23:48:51
ましこさん

食堂、行かれましたか。気さくな食堂です。
海前ランチですね。国道に近過ぎるけど、楽しい
ロケーション。実は今回が初めてでした。
近いと意外と行かないものであります。

続き? 食べますよ。来たら食べます。何を食べるか?
秘密です。
Unknown (おちゃ)
2017-05-20 23:50:01
おやじさん

失礼。極楽寺を忘れてました。次回にまた載せます
から許してくださいね。

コメントを投稿

あちこち見て歩く」カテゴリの最新記事