KaLuck 花壇苗生産ブログ

花壇苗生産農家の毎日

時には稲刈正雄のように

2016-10-19 20:54:34 | その他

ハウス周辺の稲刈り。

先週あたりからはじまり、今週末に大部分が終了しそうです。

 

このあたりはヒノヒカリという品種を好んで栽培されており、それはどうやら晩生の品種のようです。

今日、奈良からトレイを製造されている業者さんがいらっしゃいました。  (トイレとちゃいますよ)

「この辺の稲刈りは遅いんですね」って。

よくわからない私は、「そうみたいですね~」としか返事できませんです。

だって毎年祭りが終わってからのこの時期に稲刈りをされており、それしか見ていませんし。

他の地域はもっと早いんですか?

 

KaLuck夫婦の食糧となるお米は、毎年隣の田んぼのオバチャンよりヒノヒカリを購入しています。

私たちはここ数年非常に小食になり、年間60キロの米で足りてしまいます。

でもなぜかお腹には余計なお肉が付いているのだ。

不思議なので見に来てください、面白いよ!

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時にはホフディランのように | トップ | 3Dケールその後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。