万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

万華鏡世界大会 来日作家の紹介 チャールズ・カラディモスさん

2017-04-25 23:09:39 | 万華鏡ブログ

この美しい万華鏡映像を生み出すのは、万華鏡界でも皆が尊敬する作家、チャールズ・カラディモスさんです。2ミラードライセルの作品にこだわり、完璧なシンメトリーで、美しく変化の多い万華鏡映像を作りだすことで有名です。彼の作品は覗きながら先端のオブジェクトセルを回すたびに、次への期待が高まり、手放しがたくなります。

これは昨年、カラディモスさんの自宅の一部をギャラリーにして、コンベンション参加者を招いてくださったときのものです。 作品のほとんどが限定数の制作なので、ここにある作品を新たに手に入れることは難しいですが、京都での世界大会にはどんな新しい作品を持ってきてくださるのか、楽しみです。

彼はブリュースター・カレイドスコープソサエティの立ち上げの時からコージー・ベーカーさんを手伝い、ソサエティーのためにも大きな役目を果たしてきました。誰にでも分け隔てなく接してくださる暖かい人柄と、万華鏡制作への真摯な姿勢で、会員みんなから尊敬を集めています。

きれいなシンメトリーを生み出すミラーシステムにこだわり、テイパードミラーシステムでミラーを組みます。鏡の先のほうが広がったミラーシステムで、中心がぶれず、また大きな映像を生み出します。世界大会は、会場で手に取って見ることができる貴重な機会です。

背景は光を通す白、あるいは色ガラスのこともありますが、先端からの光を取り入れて見る万華鏡が多いです。
そのカラディモスさんが、今回初めての万華鏡制作ワークショップをしてくださることになりました。アメリカのコンベンションでも今までになかったことですので、ご本人も時間をかけて準備してくださったようです。

教室で作る作品はこんな形です。すべての工程を手作りなさるカラディモスさんのキットで、どんなふうに彼の万華鏡が生み出されるか学びながら、参加者それぞれのセンスで作りあげます。

この教室はもう受講者を締め切っていますが、展示会場では、カラディモスさんの作品を展示、販売するブースがありますので、作品を見ながら直接作家さんと話す機会もあることでしょう。(会場には通訳のお手伝いくださるボランティアの方もいます。) 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万華鏡世界大会 来日作家の... | TOP | 万華鏡世界大会 来日作家の... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。