万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

カラディモスさんの初めての試み

2017-06-14 21:57:03 | 万華鏡ブログ

BKS万華鏡世界大会で来日したチャールズ・カラディモスさんの新作です。ガラスを窯で成形し、2つのパーツを合わせて筒にするのが彼の定番スタイルでしたが、今回発表したのは、ガラス製ではありません。 なんと3Dプリンターによって成形した筒の作品で、プロトタイプ第1号です。 まだ正式なタイトルもありません。高さが約24㎝あり、プリントするのに60時間かかったそうです。コンピューターから生まれる立体作品をどのように形容したらいいのか、私には正直なところよくわかりませんが、結構複雑な形です。

写真はいずれもご本人から提供されたものです。

2ミラー9ポイントの美しいシンメトリーは、さすがカラディモスさんならではのもの。 オブジェクトはランプワークを施したガラスやドライアンプルで、魅力的な映像を生み出します。 

オブジェクトセルは簡単に開閉ができ、中のオブジェクトを交換できるという点も彼の作品にはなかったタイプです。
3Dプリンターの可能性に注目し、第1号に手ごたえを感じたカラディモスさんは、今後も挑戦していくとおっしゃっています。

今日でこのブログの1700回目の投稿になります。 これからも作家さんの創る素敵な万華鏡をご紹介していきたいと思いますのでお付き合いいただければ幸いです。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久保田一竹の着物に魅せられ... | TOP | ジャポニカ »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます! (加藤瑞枝)
2017-06-15 08:46:04
1700回!凄い!おめでとうございます。
そしてありがとうございます。
毎回楽しみに拝見しています。
新しい万華鏡がアップされたかな?と、
いつもウキウキした気持ちでこのブログにアクセスしています。
きっとそのクリックした数を数えたら5000回は超えてます!(大ファンです)
これからもずっとこのブログが続きますように。
アクセスありがとうございます。 (kaleidoscopesjapan)
2017-06-16 09:45:01
なかなかアップできない時期もあった中、クリックしていただいたこと、感謝です。 私がこのブログを始めた2006年ごろに比べて、ネットでの情報が格段に増えましたね。 でも私の伝えたいことは変わりません。
万華鏡にはそれぞれ作家さんがいて、個性あふれる作品が素敵ですと伝えることが当初の意図でした。 これからもその気持ちで続けていきたいと思います。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。