万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

種 Seed

2017-06-30 17:27:26 | 万華鏡ブログ

透き通ったガラスは重なって緑を帯び、美しい塊になっています。佐藤元洋さんが「種」と名付けた作品です。「フロートガラスの光のグラデーションが特徴」と作家さんご自身の説明がありました。 積層という技法で重なっているのに、どこまでも澄み切った感があり、透明度という言葉を使いたくなるような、美しいガラス造形のボディーです。いつもの吹きガラスの万華鏡ではなく、また、スタンドも金属製で新鮮な印象です。

オブジェクトはバーナーワークで作られたガラス。背景が黒のオブジェクトケースと背景が透明なオブジェクトケースの2種類があり、交換して楽しめます。

透明な種の想いをイメージして創ったというこの作品、色とりどりの夢の華を咲かせます。いつもながら繊細で美しい色模様が展開し、目が離せません。

これらの写真は黒い背景のオブジェクトケースを取り付けたときの映像です。透明な本体の美しさにまず目を惹かれ、中を覗いて、そこに展開する色模様にまた感動をもらい、作者の想いが伝わってくる気がしました。
この作品はピープルズ・チョイス・アワードを受賞しました。佐藤さんは3回目の受賞となります。素晴らしいですね。

流山市の万華鏡ギャラリー見世蔵の「万華鏡世界大会2017 出品作家展」で展示中です。7月9日まで。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャンデリア | TOP | 胡蝶の夢 II »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 万華鏡ブログ

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。