万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

水の惑星

2011-11-01 22:13:34 | 万華鏡ブログ

透明感あふれるガラスにメノウを組み込んでデザインしたこの素敵な万華鏡は、中里保子さんの最新作「水の惑星」です。 
透明なガラスの美しさを生かした作品で、台座の部分もガラスを重ねた積層の断面がアルミニウムと組み合わされて現代的なスマートさを見せています。

メノウは天然石ですが、着色するとその性質によって染まり方に独特の色模様がでるので、装飾品などにも使われることが多いそうです。とても美しい青ですね。
スライスしたメノウをはめ込んだ作品を中里さんは今までにも何点か製作なさって来ましたが、いずれもユニークな造形作品であり、また万華鏡としても個性あふれる映像を生み出してきました。
このメノウを使うことになって、中里さんが膨らませたイメージは「水の惑星」でした。

オブジェクトは金属のワイヤーを球体に造形して、ガラス片を組み込んだもの。 下のほうから撮影した写真に少しだけ見えていますが、隙間のあるこの物体の特徴は前にある部分と奥にある部分が重なって見えていることです。隙間から見える奥の景色が前の映像の背景となって動くところが、本当に面白いです。

ワイヤーも銀色あり、銅色あり、また太さも形状もいろいろ変わりながら、以外なほどシンプルなオブジェクトです。 隙間を作り出すことで、映像の流れが面白くなっているのだと思います。

この万華鏡のミラーシステムはミラーを組み立てた筒ではなく、プリズムを使っています。 透き通った外側のガラスから見ても自然な感じです。覗き口は右上の面にあります。

動画にもチャレンジしてみました。↓

http://www.youtube.com/watch?v=mCSR_ci8y6g

いろいろな素材の持つ特性を万華鏡の中で意外な形で生かしている作品ですが、それぞれの部分に必然性を感じるほど、考え抜いたアイディアの結晶であり、中里さんの今までの経験や技術の積み重ねを見る思いがしました。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加