花耀亭日記

何でもありの気まぐれ日記

映画「グレート・ミュージアム」サクッと感想。

2017-01-30 23:26:02 | 映画

経費予算が少なすぎる、という嘆きはウィーン美術史美術館でも同じなのだなぁ、と思ったのは映画「グレート・ミュージアム」。世界に名だたる美術館がオークションでセリ落とせないなんて!! ということで、遅ればせの感想をサクッと(^^ゞ

別にカラヴァッジョが登場しないからと辛口になる訳ではないが、宝物館(クンストカンマー)改修再オープンまでを中心に、美術館のバックヤードとスタッフのお仕事を淡々と紹介する映画だったような気がする。彼らの小さなエピソード(例えば、退職が迫った武器コレクション館長とか)が連なっているのだが、拮抗するようなドラマや名画紹介も殆ど無いので、ブリューゲルやティツィアーノ作品が目の前を横切っても、「きゃ~♪」と大喜びすることもなく、意外に平静に見ることができた(^^ゞ

ピーテル・ブリューゲル《バベルの塔》(1563年)ウィーン美術史美術館

もちろん、オープニングが市庁舎(への寄託作品)《マリア・テレジアと四人の息子たち》から始まるように、この美術館がハプスブルグ家のコレクションを引き継いでいることを観客の私たちも美術館側も十分に認識している。「ハプスブルグ展」が米国ではあまり受けなかったけど日本では大成功だった、とかもあったしね(笑)。まぁ、アメリカ・ファーストでは自国以外の歴史など興味ないのは宜なるかな、だけど(^^;; 

それにしても、私的に一番眼が惹かれたのは、総館長のザビーネさんがとってもオシャレでカッコ良かったこと!! いやぁ~、これからも頑張って欲しいものです。 

ということで、ウィーン美術史美術館の「紹介映画」としてはそれなりの面白さはあるのだが、私のように期待し過ぎてはいけない映画だとも思ったのだった(^^;;;

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺田倉庫G1ビル「David Bowie... | トップ | 塚本邦雄の本に寺山修司のサ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Lunta)
2017-02-01 03:23:23
カラヴァッジォ、残念ながら登場しませんでしたね。
女性館長は私もかっこいいと思いました。
退職するおじさんなんて挟まずに彼女を追いかければもっと筋の通った映画になったのにね。
ウィーンは大人になってこそ良さのわかる街です。また行きたい。
Luntaさん (花耀亭)
2017-02-01 23:10:13
はい、カラヴァッジョの片鱗も登場しませんでしたね(^^;;
で、Luntaさん案ナイスです♪ あの女性館長さん主演映画でもよかったかも(^_-)-☆
この映画、歴史ある素材(ハプスブルグの美術史美術館ですよ!)が生かし切れてなかったような気がしますね。
私もウィーンを再訪したくなりました。で、Luntaさんの大人だからこそのウィーン...興味津々です~♪♪♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事