花耀亭日記

何でもありの気まぐれ日記

山梨県美術館「バロックの巨匠たち」展を観た(2)

2017-05-13 23:59:45 | 展覧会

前回触れたテル・ブリュッヘン作品の画像をゲストの山科さんから教えて頂いた。(多謝多謝!>山科さん) 

 カラヴァッジョの影響が強く見られる。

テル・ブリュッヘン《茨冠のキリスト》(1614年頃)ヨハネ・パオロ2世美術館

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Brugghen_Crowning_with_Thorns.JPG

この画像の制作年は1614年頃とされている。ということは、テル・ブリュッヘン作品でも初期作品と見ているようだ。

 Leonard J. Slatkes と Wayne Franitsのカタログ・リストにある初期作品と思われる画像がある。

テル・ブリュッヘン《手を洗うピラト》(1615-1619年)Shipley Art Gallery 

上記作品は、どうやらカラヴァッジョ《聖トマスの懐疑》を参考にしたもののようだけどね(^^;

カラヴァッジョ《聖トマスの懐疑》(1601-02年)サンスーシ絵画館(ポツダム) 

カタログ・リストにあるテル・ブリュッヘン作品をもう1点紹介したい。

テル・ブリュッヘン《マギの礼拝》(1619年)アムステルダム国立博物館

1610年代のテル・ブリュッヘン作品と思われる画像を並べてみたのだが、今回の展覧会に出展されている《茨冠のキリスト》は、例えテル・ブリュッヘン初期作品だとしても、モデルや質感・色彩描写において、何かしら異質なものを感じてしまうのだ。何故だろう?? 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨県美術館「バロックの巨... | トップ | 東北歴史博物館「ラスコー展... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。