ラーメンの優しい食べ歩き

元ラオタのゆっくりなラーメン食べ歩きブログです。

麺屋婆娑羅(油淋鶏つけ麺中盛)@大岡山に行きました。

2017年07月15日 21時13分25秒 | ラーメン 23区
今回はつけ麺のスタイルについて考えてみました。


茹でた麺を水で締めて、つけダレに浸して食べる。


麺の旨みを味わう独特のスタイルで、今やラーメンと並ぶ定番スタイル。



今回のお店はこちらです。


担々つけ麺のお店ですが、それ以外にも独創的なスタイルのメニューがあります。



それが油淋鶏つけ麺です。


一般的なつけ麺のスタイルは麺とつけダレを別々の器で饗されますが


こちらは具も別盛りのスタイル。


こちらは具にたっぷりのモヤシが提供されるのですが、モヤシは意外と水分が出ます。


その水分がつけダレを薄めたり、麺の風味をわずかに落とすことも


このスタイルであれば、そんな心配はなく、安定した美味しさを保つことができる、、、んだと思っています。



麺は太めの縮れタイプ


このお店はG系スタイルのタイプでもあるので、これがこのお店の定番スタイル


このシッカリした麺を



酸味がきいたタイプのつけダレに浸して食べるのです。


適度に浮かぶ背脂の甘み


見た目辛いかな?って思いましたが、辛さは一切ないので、卓上の唐辛子の粉で調節するのがいいでしょう。



別盛りの具は油淋鶏の美味しさをその下にあるモヤシが吸い取っています。


そのモヤシをつけダレに浸して食べると、つけダレの旨みも吸い取って更に美味しくなるというスタイル


別盛りゆえにビール片手にという展開もありですが、中盛り350gは茹で前に違いないという麺が減らないという展開



麺の上に油淋鶏


ゴマの香ばしさがプラスされて、つけ麺がちょっと豪華になるというスタイル



そして一人一個まで無料というゆで玉子



思いのほがの半熟具合


麺と絡めるか、つけダレに浸すか、具の1つとして食べるか、前菜として食べるか


一個という限定に楽しい悩みごと


ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!
ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再来軒(塩ワンタン麺)@用... | トップ | 鶏と魚だしのつけ麺哲(冷や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。