爺ちゃんの戯言(たわごと)

時の速さに置いてきぼり!

死が近いかな?

2017年04月19日 | 日記
    新緑の季節に入ります。一年を通して私の一番好きな季節です。
【目に青葉、山ホトトギス、初ガツオ】・・・と江戸中期の俳人 山口素堂の句です。
目にも鮮やかな青葉、美しい鳴き声のホトトギス、食べておいしい初ガツオ・・・と春から夏にかけ
江戸の人々が最も好んだものを俳句に詠んだと言われています。

時を経て今の時代とて、まったく同じでありましょう。
少し前まで咲き誇っていた桜も見事に散り際の潔さを披露した後に、時を覆いかぶさるがの如くに青葉の息吹が
景色を変えています。

新緑に色を変えた木々たちの頭上を見上げれば真っ青な天空のキャンバスが置かれ、そこに書き込まれた木々たちの息吹の色との
対比が何と厳かで壮大である事か!・・・と一瞬、呼吸をするのさえ忘れる有様です。

思い起こせば何十回と毎年見ている風景が今年は特に私の目と心に焼き付きます。これは何かの暗示かな?
後、何回この景色を五体で感じる事が出来るかは神のみぞ知る処ですが、出来ればこの季節に天に召され天空の真っ青な色の中に吸い込まれるように
白い煙を書き込めたら本望だ・・・等と思いめぐらす爺さんでした。

白い煙ではなく黒い煙だったらどうしましょう?   焼き場の窯だけが知ることです。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代劇の醍醐味である殺陣! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。