うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

九千部山の野草

2016年09月29日 05時24分08秒 | 野草
ああ、もう4時か~、そろそろ寝るか~って ^-^;
学生時代みたく、無理ができなくなってきた(汗)。



ツルニンジン。
コドノプシスといったほうがピンとくるかもですね。

九千部山はキノコだけでなく野草も楽しめました♪



ツリフネソウ
九州の山にはたいていどこにでも生えているツリフネソウですが
たま~に花色違いがみつかります ^-^。



ひと株だけでしたが、これは嬉しい♪



花弁がやや反り返ってはいるけど「ヤマジノホトトギス」でしょう。



「ヤマホトトギス」
両者はとてもよく似ています。
花模様には個体差があって、この度アップしたのは超濃色花。



キバナアキギリ
山頂付近でわずかに生えていました。
本州~九州に生えるサルビアの仲間です。
学名:Salvia nipponica

九千部山に多い木は、ブナとアカガシ



アカガシです。



ドングリの特徴は、毛糸のパンツ。

野草やキノコを楽しみながら、山頂をめざしていると



ヤマボウシの果実がたわわに!
ポロポロ落ちていたので、もちろん食べました(笑)。
美味しいものではありませんが、みつけるとつい食べたくなる果実です ^-^;
ちなみに、味、食感ともにリンゴに近いですが、甘みが足りません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神秘的!ブルーキノコ

2016年09月26日 22時16分54秒 | 野外活動・キノコ
それでは、ブルーキノコ、みて下さい(笑)。



どですかっ??
ここまで青いキノコみたの、マリオブラザーズ以来ですよ(汗)。
傘がやたら毛羽立っていて作り物のような・・といいますか
おとぎの国のキノコですよ、これは(阿呆;)



この種類は傘から柄、そして壺までのグラデーションがステキでした。



鮮やかな黄色が目に飛び込んできた!
ここに生えてんだぞって、めちゃ主張してました ^-^;



傘がツルピカのオレンジきのこ。
私がもいだんじゃないからね、転がってたの。



粉粉。



ゾウの足みたく、柄が太い!



これも太い!!



夜に発光する例のヤツですね。



とても小さい種類です。
足の色がオシャレですね。



ポキンと折れてしまいそうな華奢な姿。



これも小さくて繊細♪
ガラス細工みたい。

実はまだまだ、たくさん載せたかったのですがキリがありません。
前回のブログで30~40種類って書いてしまったけど
撮った写真を後で整理してみたら、それどころではなかった(汗)。







森が豊な証拠ですね ^-^。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

きのこの山

2016年09月25日 22時17分04秒 | 野外活動・キノコ
チョコレート菓子じゃ~ございませんよ(笑)。
本日は脊振山系、九千部山(佐賀県)に登って参りましたが・・
もう、あっち向いてもキノコ!
こっち向いてもキノコ、キノコ!
すごい本数 ^-^;
本日発見しただけでも30種類、いや40種類はあったかな・・
とにかく面白そうなものイロイロ写真撮りましたので、みて下さい(笑)。



九千部山山頂まではアップダウンも少なく、初心者向けの山と思います。
けれども様々なルートがあって、本日はロングコースを選択。
歩行時間は9時間チョイでした(キツいですよ~)

森へ入り、最初に出会ったキノコ ^-^。



イガイガで爆発しそうなフォルム。
でも触ってみると、ポヨンポヨンと柔らかいし(笑)。

そう、私はキノコの種類に関しては全く知識がありません。
ぜーんぜん名前がわかりませんので、一応;



ニュっと生える、淡い紫桃色種。



傘はサーモンピンクで、質感がムートンのよう。
足は白くて美人なキノコだね、うん。



赤いのは、写真みたく殆ど喰われていました。
ナバ喰う虫も好き好きやなあ。。



オレンジ色もある。



イエローもある。



パープルも。

載せきれないから、次のブログですんごいのUPしようと思っていますが
ブルーなんかもあったりして、キノコ戦隊が組めそうですよ(笑)。



ブッセ風。



ドラヤキ風。



マカロン風。



やっぱり、いナバ!
100本生えても大丈夫。



続きは明日載せようと思いますので
もしよろしければ見て下さい、今日は疲れたから寝るっ(;´Д`)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

珍しい花、UP!

2016年09月23日 21時07分12秒 | 観葉
珍しい花をUPします!

観葉植物で人気のシンゴニューム ^-^。
園芸ファンならば、知らない人はいないメジャーな植物ですよね~。
しかーし!花(肉穂花序+仏炎苞)を見たことありますか!?

花はそうお目にかかることができません。
株が充実しなければ、咲かないんですよね。
多分、ネット等で検索しても出てこないくらいレアです。
私たちが観葉植物として楽しんでいるのは幼葉。
生長すると、こんな感じに変化。



まだ、幼葉の面影があります。
さらに変化。



そして、花が咲きます。



Syngonium podophyllum





職場に配属され、17年目にしてシンゴの花は初めて見ました ^-^;
伸び過ぎたら切り戻しちゃうので、余計にでもみられない;



さて、原稿仕上げなきゃ~。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

城井谷の大巨人

2016年09月21日 15時20分48秒 | 名木・巨木探訪
猛省していますっ(;´Д`)
そっかー、こんな言葉があったんだ、今度つかってみるとしよう(笑)。
反省シリーズの最上級ですよね。
だけど政治家が口癖のように言うから、最上級にしては軽く感じるんだよなあ(汗)。


怪力無双の弓の使い手、宇都宮鎮房が治めていた城井谷。
大河ドラマ「黒田官兵衛」で登場しましたよね。

「城井谷は山深き天然の要害。
道も一本しかありませぬゆえ、力攻めでは落とせませぬ・・」なんて ^-^;

まさに、そんな一本道を走っていると、巨大なクスノキ出現(驚)。



国指定天然記念物「本床の大楠」です。
写真ではイマイチそんな風には撮れないのですが、実物は無茶苦茶デカい(汗)。



トトロ住んでるかもね。
推定樹齢は1900年。元禄12年に景行天皇が植えたと伝えられているそうです。



幹周は20.78メートルで
鹿児島県蒲生町の大楠、静岡県熱海市来の宮神社の大楠に次いで第3位です。



大楠の裏側。
いやん(!?)

かなり傷んでおりまして、さらに巨大であったことがわかります。
明治34年の火災で大部分を損傷してしまったということです。

本日は忙しいさなか、休暇をとりました。
猛省しておりますっ!←これが言いたかったんだ(笑)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加