うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

見事な緑のカーテン

2015年10月31日 06時35分17秒 | 日記
広島へは、2日間、植物園協会の研究会に参加してまいりました。
会場の広島市植物公園。





サンパチェンスのボーダー。
いつ行っても花でいっぱい。

研究会は・・
名だたる全国の植物園のみなさんや、著名な方々がお集まりになり
私は初めて参加しましたが、参加させて頂くこと自体が申し訳ないような気がして、、
隅っこで縮こまっておりました(笑)。



研修棟を覆い尽くす「イリオモテアサガオ」
見事な緑のカーテン ^-^;



伸び過ぎてグシャグシャに蔓延っているのをあっちこっちで見かけますが
モッサリ感なく、見た目にすっきり仕立てておられるところが流石だなーって。
非常に涼し気に感じます。



咲きそろったバラ園のバラ。
広島植物園のバラは20年生以上の古株が多いにも関わらず生き生きとしていて。
私の職場のバラも20年生だけど、勢いが全然違う(汗)。
このスーツのお方は、O.Sりょうけん大先生。
伝統園芸植物についてイロイロ教えていただきました。

研究会はレベルが高く勉強になったし、参考になったし
仕事に対するモチベーションがあがりました!
ボロくて小規模な植物公園ですけども・・
日本の園芸文化の発展と、貴重な野生種の保存に貢献できるよう、頑張ります ^-^;



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿御苑へ。

2015年10月29日 20時20分26秒 | 日記
東京を訪れたならば「新宿御苑」は外せないと思っていました。
1時間ほど、何とか時間確保できてよかった。
新宿御苑は広大(58ha)で、案の定ほとんど周れなかったんですけどね(汗)。
はっきりいって、丸一日でも楽しめる内容だと思う。
これは次回のお楽しみ。

植栽樹木がどの木もとにかく巨大で圧倒されます ^-^;
ほとんどの木が御神木クラスといっても過言ではないですよ(笑)。
巨木ばかりなので、メンテナンスは大変だなんてもんじゃないと思いますが
それなのに管理が行き届いていて驚くばかりです。



樹齢約100年の「ユリの木」。
とてつもなくデカい。。
日本で最初に植栽された木で、この木のタネから全国に広まったのだとか。

勿論、温室もハイクオリティー。





黄変した葉が1枚も見当たらないのだから・・
これってスゴイよ。



コロカシア`ブラックマジック´
カッコいい!

この内容で入園料はたった200円なのだから
園芸スキーは行くっきゃないでしょ~。



日本ベゴニア協会の展示もありましたが、これは常設展示なのかな。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これでひと株

2015年10月27日 21時19分43秒 | シクラメン
ただいま広島から戻ってまいりました ^-^;

さて!
東京の某所にて。
シクラメンを見学させて頂き、一番驚いたのはコレ。



写真ではイマイチ大きさが伝わらなく残念ですが
このC.ヘデリフォリウムは40年生とのこと。
上手に育てることさえできれば、一生涯お付き合いができますね ^-^。
園芸シクラメンではこうはいきません。
長寿命は原種シクラメン(全ての種類ではないですが)の魅力のひとつですね♪



これもひと株だからスゴイ。
私の手と比較。



巨大な C.グラエカム



巨大な C.ローフシアナム





ローフシアナムの葉姿。
栽培はやや難しいとされる種類ですが、一度は作ってみたいですね。
花がなくても十分、観葉植物としていけそうです。
ちなみに葉模様のバリエーションも豊富です。
すごいのあったけど、今は非公開;



愛してやまない C.グラエカム
写真は保存株。
これほど美しい個体となると、そう簡単には出会えません。



C.ペルシカムにもグラっときた。
これも保存株で、このクラスの個体はなかなか見つからないでしょうね。


花だけでなく、美しい葉も楽しめますから
非常に観賞期間の長い植物といえますね♪


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ステキなC.ミラビレ♪

2015年10月25日 22時43分35秒 | シクラメン
四方八方から迫りくる人々をかわしながら歩く。
東京来たんだねって実感。



カワイイ文化の発信地、原宿の竹下通り。
何とも文字では言い表せないですが
メイドさんやコスプレの人がいるし、そのようなお店がたくさんあって
普段ではありえないような不思議空間ですね ^-^;
田舎者には刺激的すぎる(笑)。

あ、ワタクシは別にココに来たかったのではありませんからね。
チョイと時間がありましたので、明治神宮、参拝しようと思いつつ
この通りに迷い込んでしまったんですっ。

東京での3日間は時間の許す限り、あっちこっち行きました。

2日目はシクラメン関係の集まりに。
ワケあって、場所や全体写真等は載せられませんが
ギリギリセーフかな・・的な写真をUPします ^-^;

ステキな原種シクラメン「C.ミラビレ」♪





すっごい綺麗なシルバーピンクです。
コレをみてしまったら、一鉢ほしい!なんて思っちゃいますよね。



ツリー模様の入らないピンクリーフ。



しかも、かなり濃色です。
もはや「赤」と言ってしまっても良いレベル。
写真はほぼ実物の色で撮れていると思います。

で!この度の集まりで、スペシャルな実生株を見せて頂きました。
これほど濃い葉色の個体は、本場イギリスにもないかもしれませんね。



紫がかった濃桃色です。



ほぼ実物の色で撮れています。
国宝ですよ、これは(オーバーな ^-^;)
しかし、こんな凄いのが出る可能性があるのだから、とにかくタネをまくしかないですね。


実はたった今、ヘトヘトで帰宅してブログを書いています(どんだけ;)
頭の回転わるく、文章出てこないので
シクラメンの集まりのモヨウは次回のブログにでも(汗)。

しかし、ワタクシ事ですが、明日から2日、今度は広島に行ってまいります ^-^;
早朝、出発せねばなりません(汗)。
体力の勝負や・・

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

アサギマダラの飛来

2015年10月22日 22時37分00秒 | 生物
Tシャツ!売っていない、、
Tシャツって一年中着るんじゃない!?
夏の間に買いだめしておけばよかったよ、ガクリ(汗)。
東京で買おう。きっとあるはずだ、うん。

ということで、明日から3日間、東京へ行ってまいります。
予定ギッチリにつき、忙しく動かなければなりませんが、楽しみたいです ^-^;



サワフジバカマ

今秋も旅をするチョウ、アサギマダラが飛来しております。
ステンドグラスのような美しい羽。



個体数は年々、増えています ^-^;



サワフジバカマの花の蜜を吸うアサギマダラ。
警戒心なく、素手での捕獲も容易。
逃げないから、簡単に写真が撮れますね。



マーキングされたチョウもよく見かけます。
書き方にルールがあるのかな!?

最近はこちらもよくみかけるようになりました。



「イシガケ(キ)チョウ」という種類だそうです。

この時期は、さまざまな種類のチョウが蜜を求めて訪れます♪
植物で勝負したいところですが
残念ながらチョウ目当てのお客さんのほうが多いかもしれませんね(笑)。




もういつから雨、降っていないかな・・
そろそろ恵みの雨が欲しいところですが
そのお陰で、花傷み少なく咲いております ^-^;
品種はニュアンスカラーがお洒落な「初恋」。
なお、初恋ミックスはイコール「キャンパスシリーズ」だそうです。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加