うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

ヤマブドウ脅威の伸長

2014年08月30日 23時40分53秒 | 
ヤマブドウの成長はとてもはやい・・



楊枝ほどしかない苗を植えて2年目でこの通り ^-^;
小屋の屋根3分の1を覆っています。
放任していたら、大変なことになりますので
頻繁に切り戻したりして、草姿を整えています。
故に収穫はできませんが(汗)。
秋の紅葉が楽しみ♪

C.ヘデリフォリウムの開花がはじまりましたが



すでに写真のように咲いている株もあれば
これから咲く株・・
葉から先に出る株・・
同じC.ヘデリフォリウムとはいえ
実生繁殖ですから、かなりの個体差がありますね。

私的には葉模様が好きで、花はおまけ的存在・・なんて思ってましたが
花色の濃淡もそれぞれ個性があって面白いものですね♪


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

写真みて汗;

2014年08月27日 19時46分54秒 | 花木(園芸)


ハイビスカスといえば、常夏の国を連想させますが



「フウリンブッソウゲ」の花はどことなく涼しげです ^-^。
ひと昔前まではとても珍しい植物でしたが、今では容易に入手が可能です。
私は子供のころ牧野植物園でみたのが初めてで
猛烈に感動したことを今でも覚えています(笑)。
一度みたら忘れられない、ユニークな花ですよね♪



「カーネーション咲きのハイビスカス」
この花は好き嫌いが分かれるところですね;
縦方向によく伸びるので、スタンダード仕立てにすると面白いです ^-^。



「モミジアオイ」
2mを超える大型の多年草で、地域によっては帰化していますね(汗)。
大変見応えがあります。

ハイビスカスの仲間たちをUPしてみました。
真っ赤な花の写真をみていると、汗が出てきました ^-^;
どんだけ新陳代謝ええん・・という話です。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雨、雨、やっぱり雨

2014年08月26日 20時06分04秒 | 野外活動
大分県の涌蓋山に登ってまいりました ^-^。
ま、雨です、、しゃーない。
もう雨意外考えられない・・ってくらい雨ばっかりですわ(汗)。



雨カッパの花が咲いた(笑)。
標高も高いしこの天候だから、夏とは思えないくらい寒かったですよ;
ハギの花が草原一面に咲いていて、山はすでに秋本番という感じでした。



ギボウシもあちこち咲いていた♪
最近は渓谷の岩にしがみついている男前なギボウシばかり観察していたものですから
可憐な花を咲かせる草原のギボウシがとても可愛らしく感じます ^-^;

山栗もたくさんみられたのですが
その中の一本に、真っ赤な殻斗(イガイガ)の木がありましたよ。
こんなの



私は花専門で、果樹に関しては全く知識がないので
これが珍しいのか、普通なのか、よく分かりませんが。

2時間ほど登った時に、半端なく雨がキツくなってきましたので
安全を考えて下山。
残念でしたが、無理をして良いことはありませんからね、、

ちなみに北九州地方は・・
この8月、25日までで晴れの日は2日しかなかったそうです。
この時期はどーしても葉焼けを起こしてしまうホスタも。。



3日前に撮った写真ですが、この通りです ^-^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベゴニアの仕立て直し

2014年08月23日 20時42分30秒 | 熱帯・亜熱帯植物
趣味園11月号の執筆が終わりました。
執筆はとりあえず残り4号分。
終わりが近づいてきて、今すごく寂し気持ちデス(汗)。
あれだけ時間無いだの何だの言っていたのに変ですね;

ベゴニアの植え替え・・というより仕立て直しをしました。
何せ狭い場所で栽培していますので
常にコンパクトにしておかなければなりませんので ^-^;



B.アンフィオクス

暑さには苦手なようで、その辺りは気をつけて栽培しています。
30℃を超えると葉が落ちます。
栽培は難しいとされていますが、とくにそれは感じられません。
ベゴニアの難しいのって、こんなものじゃないですからね~、、
よく伸びるので、何度もカットしてはさし芽で更新の繰り返しです;



B.sp
カンボジア産の原種です。



見た目以上に丈夫です。
ベゴニアは改良されていなくたって美しいものが多い♪
これも生育が早いので、さし芽の繰り返し ^-^;



B.スペルンサエ
マレーシア原産の小型種です。



葉っぱはマックス2㎝くらいしかありません。
このベゴニアの栽培は結構難しいです。
テラリウムで栽培。



これもやや栽培は難しい B.ピクチュラータ
中国チワン族自治区で発見された原種です。
とにかく成長が遅い(年に何枚かしか葉が出ない;)ので、少しづつ増やしているところです。

私は(教科書通りではないので、参考にしないで ^-^;)
栽培が難しい種類は全て赤玉土単用で作っています。
肥料は薄い液肥を施用。
色々な考え方があると思いますが、私は腐植は入れないほうが安全だと思っています。
(過去に何度も失敗していますので、、)


明日は山に登ります♪
が!やはり予報は雨です;


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

巨大カボチャ収穫

2014年08月21日 22時56分48秒 | ヤサイ系
去年は雨が降らず、まるで砂漠のように大地が乾ききっていたのに
今年は真逆、どうしたものだか・・
この夏は晴れた日、数えるほどしかありません(汗)。
この先の予報も、ずーっと雨か曇り。
日照不足で植物たちは徒長したり、花がつかなかったりで。。
一番困っているのがカボチャなんですよね、、
9月上旬から展示会なのですが、展示につかうカボチャが多湿で腐る腐る・・

本日は久しぶりに天気もよかったので。
カボチャ展の目玉でもある`アトランティックジャイアント´を収穫。



しかし・・



ヘタが腐ってる!あちゃ~;
しかもよくよく見てみると、中身も腐って汁が出てるじゃあ~りませんか(大汗)。

一応計測。



ほとんど中身の水分が抜けちゃっているので、かなり軽くなったものと思われます。
それでもこのカボチャは約100kgありました。
展示会まで形だけでも残っているといいのですが;

アトランティックに並ぶ巨大品種`ビッグマックス´



ピッタリ50kg

ま~市販のタネにしてはよく太ったかな。


水分を与えてもいないのに。
あまりの空中湿度の高さで・・



ペラルゴニウムや球根類のいくつかが、すでに動き出してしまってます(汗)。
動き出してしまったからには、水やりを開始しなければなりませんが
もし晴れることがあれば、気温は急上昇しますから
ヘタしたら一発で煮えてしまうでしょう、、
かなりシビアに水やりする必要がありますね。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加